星谷 仁さんのマイページ

フェレット漫画について

2008/05/18 23:12

l_7f0c2c8044236645454a1c67ad6a35304c42bd8a.jpg

僕がフェレットを飼い始めた頃、まだフェレットの飼育情報は少なかった。なのでフェレットの記事が載っている雑誌や本は手当り次第に買って読んだ。テレビ番組もフェレットの特集があると録画してコレクション(?)していた。
僕はふだんほとんどマンガを読まないのだが、フェレットに関してだけは漫画にも触手を広げていた。

そうして気づいたことだが……ペット漫画は色々あれど、フェレットを扱ったものが意外に少ない。
「フェレットほど面白いペットはいない」──そう思っている僕にとって、これは不満だった。「フェレットの漫画を描く人材が不足しているのか? ならば僕が描いて持ち込んでみたらどうだろう」などと思ったりしたものである。しかし無論それは「もっとフェレットの漫画が読みたい」と渇望する気持ちから生まれた妄想のようなもので、その時点では実際に自分で漫画を描くつもりなどはなかった。
ところが2001年の暮、「フェレット漫画が載っている雑誌」との情報を得て購入したアニマル・コミック誌《ハムスター倶楽部スペシャル》(※後に《ハムスペ》と改名)に、たまたま動物漫画の公募が載っており、それを見て気持ちが動いた。

《ハムスター倶楽部スペシャル》の版元=あおば出版(当時/現在の版元はイースト・プレス)は、色々な動物の漫画シリーズを出しているところで、数少ないフェレット漫画『フェレット倶楽部』(全3巻)の版元としても記憶があった。
「もっとフェレット漫画を!」と常々望んでいた僕はこの公募を知ったことで「公募してるのなら、ウチのフェレットのエピソードを描いて応募してみようか」という思いにとらわれてしまった……。
漫画歴など皆無に等しい僕がにわかに描いた作品でいきなり入賞できるとは考えにくいけれど……漫画という形でウチのフェレット(ブランカ&グランジ)の記録を描き残しておくのも良いのではないか。
応募前にコピーをとっておけば形として残しておくことができる。
(そう考えて、実際に描いた漫画のコピーで個人誌《チャンネルF・14号/15号》を作成してフェレットの散歩オフで配布している)
そんな気まぐれを起こして描いてみたのが『フェレットinジャケット』だった。応募したのが《第6回ハムスター倶楽部スペシャル新人まんが大賞》である。
l_4d302be5a67aa771ed3d58ef3eafcf73e4eaf6ba.jpg
『フェレットinジャケット』はタイトル通り「上着のふところに入って散歩に行くフェレット」のアウトドア派なエピソードを、応募規定の8ページ枠で構成してみた作品。
これまでの小動物漫画というと、舞台が室内に偏り勝ちのきらいがあるが、そんな中にあって散歩派のわが家のフェレットのアウトドア中心のエピソードはユニークなのではないか……という狙いもあって、色々と自分なりの工夫で応募規定の8ページ枠で構成してみたものだ。

とりあえず描き上げて応募してみたものの、その後作品を読み返してみると、わが家のフェレットの個性や面白さを、どうも今一つ伝えきれていないのではないか……という物足りなさがあった……。
例えばグランジはノーマル(生殖腺&臭腺未手術個体)なのだが、それについては触れることができかった(タマを描いてある絵が 1コマあっただけ)。ノーマルであるがゆえのマーキングや最期っ屁にまつわるエピソードは、グランジを語る上では欠かせないところでもある。
そこで『フェレットinジャケット』では描けなかったエピソードのいくつかをあらためてまとめてみたのが『ふぇレッツ・ゴー』だった。
ペット漫画とはいえ、ただカワイイ・オモシロイというだけでは物足りない。描かれるエピソードの中に動物の特徴/能力や習性を考察するような要素あってもいいのではないかという思いもあって描いてみたものである。
この作品は《第6回ハムスター倶楽部スペシャル新人まんが大賞》の結果が発表になる前に既に描きあげていて、後に《第7回ハムスター倶楽部スペシャル新人まんが大賞》に応募することになる。

結果はさして期待せずに自分なりの描きたい(読みたい)ものを自分のできる範囲で描いてみた2作品だったが……結果は『フェレットinジャケット』が《第6回ハムスター倶楽部スペシャル新人まんが大賞》の〈回し車賞+編集部期待賞〉受賞(月刊ハムスター倶楽部スペシャル/2002年8月号掲載)。『ふぇレッツ・ゴー』が《第7回ハムスター倶楽部スペシャル新人まんが大賞》の〈ハムスター賞〉受賞(月刊ハムスター倶楽部スペシャル/2003年1月号掲載)と、意外にも2作とも入賞し、なんと漫画家デビューということになった。

l_df6e449201021711e16a1eeb8ef6b8415722bfcb.jpg

フェレットを飼っていなければ漫画を描くこともなかったろうし、ましてや漫画家デビューなど絶対になかっただろう。

(星谷 仁)
l_138c7eacf34e868148967522b04f2b0601422a45.jpg
※受賞作が掲載された2002年8月号と2003年1月号

l_6ec05ffd469c006fce08abcee3586e1ce7b6eee3.jpg
『ふぇレッツ・ゴー』しっぽの役割:編

※フェレット漫画データ
l_98f67352fcbfa488e9f727f1aca00278fe207391.jpg
『ふぇレッツ・ゴー』は散歩エピソード中心のフェレット漫画
●月刊ハムスター倶楽部スペシャル(編集企画=秋水社/発行=あおば出版)
・2002年8月号(2002.6.22<土>発売)……第6回ハムスター倶楽部スペシャル新人まんが大賞発表/『フェレットinジャケット』掲載
○月刊ハムスター倶楽部スペシャル(編集企画=秋水社/発行=あおば出版)
・2002年12月号(2002.10.23発売)……第7回ハムスター倶楽部スペシャル新人まんが大賞発表
●月刊ハムスター倶楽部スペシャル(編集企画=秋水社/発行=あおば出版)
・2003年1月号(2002.11.22<土>発売)……『ふぇレッツ・ゴー』掲載
●月刊ハムスター倶楽部スペシャル(編集企画=秋水社/発行=あおば出版)
・2003年4月号(2003.2.22<土>発売)……『ふぇレッツ・ゴー』掲載
●月刊ハムスター倶楽部スペシャル(編集・発行=あおば出版)
・2003年7月号(2003.5.23<金>発売)……『ふぇレッツ・ゴー』掲載
●月刊ハムスター倶楽部スペシャル(編集=本の杜編集事務所/発行=あおば出版)
・2004年3月号(2004.1.23<金>発売)……『ふぇレッツ・ゴー』掲載
●月刊ハムスター倶楽部スペシャル(編集=本の杜編集事務所/発行=あおば出版)
・2004年6月号(2004.4.23<金>発売)……『ふぇレッツ・ゴー』掲載
●月刊ハムスター倶楽部スペシャル(編集=本の杜編集事務所/発行=あおば出版)
・2004年7月号(2004.5.22<土>発売)……『ふぇレッツ・ゴー』掲載
●月刊ハムスペ(編集=本の杜編集事務所/発行=あおば出版)
・2004年12月号(2004.10.23<土>発売)……『ふぇレッツ・ゴー』掲載
 ※2004年10月号から「ハムスター倶楽部スペシャル」→「ハムスペ」に誌名変更
●月刊ハムスペ(編集=本の杜編集事務所/発行=あおば出版)
・2005年5月号(2005.3.23<水>発売)……『ふぇレッツ・ゴー』掲載
●月刊ハムスペ(編集・発行=あおば出版)
・2005年10月号(2005.8.23<火>発売)……『ふぇレッツ・ゴー』掲載
●月刊ハムスペ(編集・発行=あおば出版)
・2006年3月号(2006.1.23<月>発売)……『ふぇレッツ・ゴー』掲載
l_5cf30bd01bb48d867522e0fbf6c5596a2d6b56ee.jpg
(※《ハムスペ》は2007年8月号をもって休刊。2008年6月号よりイースト・プレスより復刊/※現在は廃刊)

◎Yahoo!ブログのフェレット漫画
『ふぇレッツ・ゴー』しっぽの役割:編
『ふぇレッツ・ゴー』超魔術イタチ:編
『ふぇレッツ・ゴー』グランジ目線で散歩:編
『ふぇレッツ・ゴー』イタチと迷信!?:編
『ふぇレッツ・ゴー』ニオイでほんろう:編
『ふぇレッツ・ゴー』すっげ〜:編
『ふぇレッツ・ゴー』忍者イタチ:編
『フェレットinジャケット』フェレット漫画第1作
『ふぇレッツ・ゴー』ハムスペ新人まんが大賞受賞作:編
『フェレットのいる風景』

フェレット漫画・制作覚書
漫画から文芸へ、そして再びマンガ…
グランジ&ブランカ@フェレット


Binder: 創作関連のハナシ(日記数:39/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=5997720&f_code=1



Copyright(C)2019 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.