人を笑わせる会話術さんのマイページ

人を笑わせる会話術 感想

2012/05/16 17:35

人を笑わせる会話術

hp_49862.gif




約76%の人に
効果がでたという結果に

まず、モニターとして参加してくれた人のうち、
アンケートに答えてくれたのは13人のうち10人。

アンケートに答えてくれなかった人が、どういう結果だったのかは分からない。

しかし、回答してくれた10人の方は個人差があれ、
少なくとも効果を感じてくれたという結果がでた。

つまり、76%の人に効果がでたという結果になった。

ただ、女性は少し効果が出にくかった感が否めない。

しかし、わたしはそもそも笑いというものは、男性寄りのものであると思う。

あくまでも個人的見解であるが、ノウハウうんぬんではなく、
単純に女性は男性に比べ、効果がでるまでに時間がかかる場合が多いと思う。

・・・・・

モニターの結果で、この教材がわたし以外の人でも、人を笑わせられるようになる事がわかった。

わたしは鼻息を荒くして、更にモニターの意見等も取り入れつつ、
女性にも効果がでやすいような工夫も加え、また数ヶ月をかけて教材の改良をおこなった。

そして、ようやく、改良も終え、教材を完成させることができた。

この教材のタイトルは、皆に達成して欲しい目標をそのままタイトルとし、

『人を笑わせる会話術』

とした。

それでは、この『人を笑わせる会話術』満を持して、貴方にも公開したいと思う。


この教材は他と
どこが違うのか?

では、この『人を笑わせる会話術』について詳しく説明していきたいと思う。

まず、多くの方が最も気になる事。


それは

「この教材は、他の教材と、どこが違うのか?」

と言う事であろう。


この人を笑わせる会話術という教材には、際立った特徴が4つある。

それが、他の教材との決定的な違いとなる。

順に紹介しよう。

まず1つ目。

これは繰り返しになるが、


27個の笑いのパターンに沿って、
言葉を発すれば、人を笑わせられることが可能であるという点。


多くの方は、面白い人になる為には、人を笑わせる為には、
頭の良さや才能やセンスが必要と思っているが、それは間違いである。

人を笑わせる会話術

人を笑わせる会話術

人を笑わせる会話術

人を笑わせる会話術

人を笑わせる会話術


勿論才能やセンスがあるに越したことはない。

しかし、笑いには一定のパターンが存在する。

そのパターンにそって言葉を発すれば、例え、
今まで1度も人を笑わせた経験がないようなセンスがない人でも、
モニターの結果からもわかるとおり、かなりの高い確率で人を笑わせられるようになるのだ。

しかも、それら笑いのパターンを貴方は探す必要もない。

わたしが発見した27個の笑いのパターンがある。

教材にはこの27個の笑いのパターンについての詳しい解説をしている。

つまり、貴方はこの27個の笑いのパターンを
暗記するだけで、人を笑わせることが可能になると言う事である。

「そうはいっても・・・そんなに簡単に人を笑わせられるようになるのかな・・・?」

と、貴方は、現時点では、にわかに信じがたいかもしれない。

現時点で無理に信じる必要はない。

しかし、わたしたちに笑いのパターンが必要なのは、
料理人に調理器具が必要なことと同じだろうと思う。

例え、道場六三郎であっても、
包丁や鍋やフライパンがなければ料理を作ることは出来ない。

野菜を切ることも出来ないし、肉に火を通すことも出来ない。

料理人が様々な調理器具があってはじめて料理が作ることが出来るのと同様に、わたしたちも笑いのパターンがあってはじめて、笑いを作ることが出来るのだと思う。

・・・・・

次に2つ目の特徴。

ここはかなり大切なので、注目して聞いて欲しい。

2つ目の特徴、それは・・・


わたしたち一般人が、具体的にどうすれば すべらない話に出演している芸人と同じように、面白い話が出来るのか?


について解説していることである。

「お笑い番組。あのすべらない話に
出演している芸人のように面白い話ができたらいいな〜♪」

と考えている人は多いのでは無いだろうか?

また、ここまで話を聞いてきて、

「笑いのパターンで人を笑わせられるのはわかった。
でも、それと面白い話をするのは別の能力じゃないのか?
わたしは面白い話がしたいんだ。面白い話をする方法は教えてくれるのかな?」

と不安になっていた人がいるかもしれないが、この点にぬかりはないから安心して欲しい。

教材の中では、すべらない話に出演している芸人のような面白い話をする方法について詳しく話をしている。

たしかに、27個の笑いのパターンを覚えれば、日常シーンのあらゆる場面で、
人との会話のやり取りの中で、人を笑わせることが可能となる。

しかし、これは、言わばコメント力的な要素が強く、面白い話をするのとは少し異なる。

そこで、教材の中では、27個の笑いのパターンとはまったく別の話として「面白い話をする方法」という話をしている。

例えば、オチの見つけ方、オチの作り方、
話の構成法、面白さが倍増するしゃべり方、マインド的要素にいたるまで。

今まで1度も面白い話をした事が無い人が、
面白い話が出来るように、一から詳しく具体的なやり方を解説している。

要するに、人を笑わせる会話術という教材は

1:27個の笑いのパターンを伝授する章

2:面白い話をする方法を伝授する章

この2章構成になっていると思ってくれて、差し支えない。

・・・・・

また、「面白い話をする方法」が
具体的にどんなノウハウなのかという事に振れておこう。

人を笑わせる会話術

人を笑わせる会話術

人を笑わせる会話術

人を笑わせる会話術

人を笑わせる会話術


まず、多くの方は

「面白い話をする事は難しい」

と考えている。

それは何故なのか?

様々な理由が考えられると思うが、それらの根本にあるのは

面白い話が見つからない。

からでは無いだろうか?

そもそも、単純に、面白い話がないから、
面白い話をする事が難しいと感じている人が多いのでは無いだろうか?

例えば、

「昨日、スーパーに買い物へ行って、肉を買った。」

こんな話なら誰でも出来る。

しかし、こんな話は出来ない。

詰まらないからだ。

だから、もっと面白い話を考えようとする。

しかし、自分の日常は平凡で、面白いこと何てめったに起こらない。

3日さかのぼっても、3週間さかのぼっても、3か月さかのぼっても
人様に話して、笑ってもらえるような面白い話が1つもみつからない。

このように、根本的に面白い話がないから
面白い話をする事が難しいと考える人が多いのでは無いだろうか?

しかし、逆に言えば、面白い話が簡単にポンポンと見つかるのであれば?
口下手克服
面白い話が湯水のごとく思い浮かぶのであれば、
貴方も、面白い話はできそうだと思わないだろうか?

この教材内に書かれている

「面白い話をする方法」

の他とは違う部分であり斬新なノウハウ。

それは、

面白い話を簡単に生み出すことが出来る

点である。

実は、この画期的な方法を発見したのは、
ダウタウンのまっちゃんのすべらない話を聞いていた時なのだが、
実はこの方法も、笑いのパターンと同様に

「逆算」

から発見したのだ。

これは余り話しすぎると内容がわかってしまうため
控えさせて貰うが、実は、まっちゃんの話は、オチが平凡なことが多いのだ。

わたしたちの生活でも十分起こり得るくらいの、言わば、弱いオチの場合が多いのである。

しかし、まっちゃんは、その平凡で弱いオチで確実に笑いをとっている。

それが出来るのは、まっちゃんが逆算して
面白い話を構成しているからだと言う事を発見したのである。

つまり、わたしたちもまっきちんと同じように、
逆算して話を構成するようにすれば、
特別面白いオチで無くても面白い話をする事が可能となるというわけだ。

これが「面白い話をする方法」の核となるノウハウになる。

・・・・・

では、次に、3つ目の特徴。

これはわたしなりに、かなりこだわった点なのだが、それは


人に“笑われる”会話術、ではなく、
人を“笑わせる”会話術になるように構成した点である。


>>更に詳しい内容はこちらから











Binder: 人を笑わせる会話術のバインダー(日記数:2/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=10533960&f_code=1



Copyright(C)2018 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.