Heidiさんのマイページ

●カリジェとウルスリの鈴13

2011/08/12 09:25


スルシルヴァン美術館のカリジェの部屋に飾られた絵のひとつ。なぜか人物も動物も後ろ姿が多いのが気になる。トルン(Trun)はなんと言ってもカリジェの生まれた町(1902年8月30日)、そして亡くなった町(1985年8月1日)でもあります。町の家々は、それぞれに紋様に飾られていて、ところどころにはカリジェの描いた壁画が、家壁の装飾に使われています。カリジェは頼まれれば気軽に誰にでも絵を描いてあげたそうで、村の人々と密着した生活ぶりだったようです。生家の横には、カリジェの原画を多く所蔵する、「スルシルヴァン美術館」(Museum Sursilvan)があります。3階がカリジェ専用の階になっていて、多くの絵や版画、絵本の原画などが陳列されています。当時の館長のピウス・トマジェットさんは、この村の(唯一の?)医者だそうで、ふるさとを愛し、土地の人々を慈しみ、カリジェを守る、素晴らしく上質な人格の持ち主だという強い印象を受けました。都会よりも、深い田舎の方にこうした人物に遭遇する機会が多いのは、日本でも同じでしょうか? スルシルヴァン美術館の入り口と、3階のカリジェの部屋入り口を示す、自筆のサイン雑貨屋さんの入り口に、「フルリーナ」の絵が・・・。(今回も三宅文子さんの写真を多く使わせていただきました)。


Tags: 未分類
Binder: Heidiのバインダー(日記数:396/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=1199069&f_code=1



Copyright(C)2019 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.