星谷 仁さんのマイページ

ジュエリー昆虫【ジンガサハムシ】

2008/06/03 01:40

l_bf894e867d78440e7d0ef8d41a6404e225a8ab04.jpg
【ジンガサハムシ】
メタリックに輝く昆虫でも紹介したジュエリーのような昆虫。見つけるとつい撮ってしまうのだけど……まぶしい金の輝きがなかなかうまく写せない(今回も…)。
実物はこの画像よりもかなりキレイである。ちなみに背中が黒っぽいタイプもいる。
l_327d71339c84af3af6ea18e629b7173083af144e.jpg

ジンガサハムシという虫がいる事は知っていたが、数年前、ホンモノを見たときは「こんなにキレイな虫だったのか!」と驚いた。図鑑(特に標本図鑑)などでは金色の部分の輝き&スケルトン部分の透明感はなかなか判らない。
それまで目に止まる事が無かったから珍しい虫なのかと思いきや……気をつけて探してみると、けっこうあちこちで見つかることにも驚いた。
小さな虫だし、葉の裏にいることが多いので気がつかずにいたのだろう。

ジンガサハムシは成虫も幼虫もヒルガオの葉を食べる。だから穴(食痕)のあるヒルガオの葉を見つけたら、裏をのぞき込むと見つかる事が多い。
ヒルガオの葉の裏↓
l_b12071e018010adf6ff7247f88a62fd4a2661bdc.jpg
画像:左には金タイプと黒タイプ両方の成虫と食痕、そして卵のうも写っている。

そして産卵中の成虫↓。
l_e5d9b88cdb42f05929711db7b914ea3fdd9fd5cd.jpg
卵のうの中にはいくつか卵が収められている。
幼虫は脱皮するとその抜け殻を背負ってカムフラージュ(?)しているらしい。ハムシの仲間には糞を背負うものもいるそうだ。虫ではなくゴミのように見せかける効果があるのだろう。成虫のゴーヂャスさに比べるとずいぶんイメージにギャップがある。

この虫──ジンガサハムシの存在を知ってから、穴のあいたヒルガオの葉を見つけると、つい裏側をのぞき込んでしまうようになってしまった。
ちょっと怪しいかもしれない……。
葉の裏についているジンガサハムシの撮影に夢中になるあまり、這いつくばり寝転がってしまい──通りかかった人に「行き倒れ」と勘違いされてしまうなんてコトもあったりした……。


Binder: 昆虫ネタなど(日記数:41/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加
最新コメント

  • Comment : 1
    やわらか☆不思議猫
  • Comment : 2
    星谷 仁
     2008/07/21 15:28
    やわらか☆不思議猫さん、教えていただき、どーもです。
    さっそく拝見してきました。セモンジンガサハムシですね。サクラの葉の裏で時々見かけます。
    昆虫のフォト──キレイに撮っている人も多いですね。

  • Comment : 3
    やわらか☆不思議猫
     2008/07/21 16:43
    セモンが付くのですか〜。
    サクラの葉の裏・・・・・・なら、接近遭遇の可能性もありかも
    葉桜は毛虫の宝庫なので普段は近寄りませんけど。

    ではでは、みんなで みんぎーしゃん あっ(-m-) みんなでハピハピ〜〜〜

  • Comment : 4
    星谷 仁
     2008/07/21 19:35
    サクラは毛虫・イモムシにも人気があるみたいですね。
    ちなみにツヅミンことツヅミミノムシ(マダラマルハヒロズコガ幼虫)も桜の老木の幹でよく見かけます。
    先日見かけたタマムシも桜の材にきていました(産卵のため)。

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=5997720&f_code=1



Copyright(C)2019 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.