京都のGREENさんのマイページ

京都)平和学習の誘致に力 舞鶴引揚記念館

2014/07/10 20:56

舞鶴市の引き揚げ関連資料が世界記憶遺産の国内候補に選ばれたのを機に、舞鶴引揚(ひきあげ)記念館(同市平)は登録に向けた機運を高めようと、修学旅行など学校の「平和学習」の誘致に力を入れる。入館者も増えており、7月からは展示されている候補資料の「QRコード」による案内も始める。

 同館によると、小学校から大学までの学校は昨年度51校が来館した。市内の学生(小学校から大学まで)は入館料を無料、周辺地域の学校も団体なら無料としているため、近隣の学校が大部分を占めるという。

 このうち修学旅行や臨海学校などは京都市内や大阪、兵庫、東京から11校あり、記憶遺産の候補選定後には、名古屋の旅行業者から修学旅行の受け入れについて問い合わせがあった。26日には選定後初めて、大阪府の寝屋川市立東小学校の約120人が訪れるという。多々見良三・舞鶴市長は24日の定例会見で、「府北部5市2町で連携して誘致したい」と話した。

 また、同館では7月1日から、展示資料のうち記憶遺産の候補となっている25点の案内に「QRコード」を活用する。白樺(しらかば)日誌、抑留者名簿、俘虜(ふりょ)用郵便はがきなどの近くにQRコードを設けて、携帯電話やスマートフォン、タブレット端末などで読み取れば、日本語と英語(一部)の説明が画面に表示される仕組みという。

 選定翌日から10日間の個人の入館者は1719人で、昨年同期の34%増。山下美晴館長は「来館者からは『登録までがんばってください』と激励も受けている。さらに情報内容の充実や多言語化に取り組みたい」と話している。(福家司)


「朝日新聞」 2014年6月25日


Tags: なし
Binder: GREENのバインダー(日記数:4935/全体に公開)
このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログにコメントをつけるには、ログインする必要があります。
マイページをお持ちでないひとは「マイページを作成する」ボタンを押してマイページを作成してください。
不適切なブログを見つけたら、こちらからご報告ください!

Mail Address(GMO ID):

Password:

自動ログインパスワードを忘れた方

最近書いたブログ


https://www.freeml.com/feed.php?u_id=6381040&f_code=1



Copyright(C)2019 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.