みんなで哲学を語ろう

メールの詳細(メール表示)

件名:

名言: 最初の愛情が薄れる前に、いかに夫婦で苦楽を共にしながら、新たな愛情を紡ぐことが必要

差出人: 呟き尾形さん <zan01231…>
送信日時 2017/12/18 21:58
ML.NO [ept:20049]
本文:

 こんにちわ。呟き尾形です。

同床異夢(どうしょういむ)とは、
同じ布団で寝ていても
同じ夢は見られないことです。
愛の情熱は三年位しか続きません。
夫婦は苦楽を共にして
愛情を持ち続けるのです。

 ─ 瀬戸内寂聴 ─ 

 同床異夢、同じ事を行いながら、考えや思惑が異なることです。

 一緒にいる時間が長いからと言って同じ考えや同じ思惑であるとは
限りません。

 たとえば、夫婦。

 長い間連れ添っているからといっても、考えや思惑が同じとは限
りません。

 結婚したときは、お互いへの愛情だけで連れ添えるでしょう。

 しかし、時間とともに、夫婦である期間とともに、最初の愛情は
薄れます。

 最初の愛情が薄れる前に、いかに夫婦で苦楽を共にしながら、新
たな愛情を紡ぐことが必要となります。
   

このエントリーをはてなブックマークに追加
添付:

このメールは下記のメールに対する返信です:

このメールには下記のメールが返信されています:

更新順メールリスト