みんなで哲学を語ろう

メールの詳細(トピック表示)

Re:Re::これから日本どうなる?

投稿者:エスティさん  2019/02/21 15:24  MLNo.20069   [メール表示]

核防御さん。エスティです。

間違えていたら指摘してくださいね。

TPPについては、細かい条文が沢山ありますね。

それを誰がどのように解釈し、どのように利用するかによって、この先、何が起こるのかは予想ができません。

予想しても起こらないかも知れません。



『エスティ』

『核防御さん』
 それはまたどうしてですか? アメリカは抜けたでしょう。

『エスティ』
アメリカは参加しませんでした。

だからと言って、TPPは廃止された訳ではありません。

元々、TPPは4ヵ国だけで始められた事です。

他の国を仲間はずれにして、4ヵ国だけで貿易の利益を独占しましょう。

日本やアメリカなどの言いなりにならず、4ヵ国だけの貿易を優先しようという、考え方だったと思います。

そして、4ヵ国だけでルールができていったのだと思います。

日本やアメリカは、それでは仲間はずれになるから、「何とか仲間に入れてくれよ」と割り込んでいったという訳です。

だから不利な要求をされるのです。

離脱すると貿易が今まで通りには、できなくなると云う事です。



「水道の民営化」について、もう少し考えてみましょう。

もし、核防御さんが土地と資金を持っており、何か事業をするとします。

例えば、ラーメン屋を始めたとします。

そこに、優秀な店長を雇って任せたとします。

その店長は本当に優秀で、おいしいラーメンを開発して、ラーメン屋が繁盛し儲かったとします。

これからもラーメン屋は繁盛し続けるとすれば、ラーメン屋を手放して売却するでしょうか?

おそらく、売却する必要はありませんよね。

ところが優秀な店長が病気になり、働けなくなったとします。

代わりの店長を探しますが、優秀な人が見つかりません。

頼りになりそうな人を店長にしますが、業績は悪くなっていきます。

その店長は、自分の失敗を隠す為に、権利書を偽造して、あなたに無断でその店舗を売却したとします。

あなたは、その行為を許す事ができますか?

この話で何が言いたいかと言いますと。

この国の山林は、もともと誰のものか。

この国の国鉄は一体誰のものだったのか。

郵便局や郵便制度は、一体誰のものだったのか。

そういう事です。

☆★☆


このエントリーをはてなブックマークに追加

メールへの返信はMLのメンバーしかできません。

更新順メールリスト