除染ソーラ プロジェクト

メールの詳細(メール表示)

件名:

Re: 竹炭で放射性物質を吸着・除去

差出人: 福島原発行動隊ML管理者さん
送信日時 2013/12/07 00:10
ML.NO [josensolar:1877]
本文:

三宅です

セシウムの微粒子はhepaフィルターというフィルターで捕集可能と展示会で
聞きこんでいます。原子力プラントで実績があるとの事でした。
熱に弱いフィルターで 前処理の冷却処理が必要です。抵抗もかなりあり 安いものではありません

竹炭を作成する時は 蒸焼で外部に燃焼ガスが漏れない釜はあります
問題は 吸着した炭を 減容のため焼却する時の問題です
煙を冷却し 液にして回収するシステムは実用化されていますが
セシウムの回収率までは確かめていません

燃やすより 砕くだけでかなり減容するので 燃さない方が経済的と考えています


----- Original Message -----
From: solar_kazu
To: josensolar
Sent: Friday, December 06, 2013 5:26 PM
Subject: [josensolar:1875] Re: 竹炭で放射性物質を吸着・除去


単純に燃やすと灰が飛び散るので薬品でゆっくり酸化させる方法を考えないといけないと思います。現実にはフィルターで外部に灰が飛んでいかないようにして燃やすことになるような気がしますけど。。。




2013年12月4日 23:48 福島原発行動隊ML管理者 <josensolar@…>:

三宅です
 面白い

福島県では竹そのものがセシウムを吸着しているので竹炭にすると
セシウムを吸着できるか実験が必要ですね
森の周辺は竹林に成っているので伐採は容易です

竹炭を作成する時に 煙の中にセシウムが拡散する割合も問題です

30万トンと言われる汚染水では
>25メートルプール一杯分の汚染水(約36万リットル)中のセシウムを竹炭約10キロで吸着
とすると
300000/3.6*10=833,333.
833トンの炭が必要となる
体積の圧縮率が1/10 とすれば 80トンの灰を処理すれば良い事に成ります
コンテナに詰めれば4個かな

国際廃炉研究会に追加提案でもしてみるかな
既に 4件提案済みですが
参照
http://irid.or.jp/cw/wp-content/uploads/2013/11/RFI_Result1115_2.pdf

----- Original Message -----
From: solar_kazu
To: josensolar
Sent: Wednesday, December 04, 2013 11:11 PM
Subject: [josensolar:1873] 竹炭で放射性物質を吸着・除去


http://www.chukyo-u.ac.jp/news/2013/11/006932.html


三宅さんの好きそうなネタということで。。。

ゼオライトに比べてCsの吸着は若干劣りますけど、竹炭を燃やせば体積を圧縮できるので(=より高レベルな放射性の廃棄物になりますが)、保管場所に関しても有利だろうということです。

粉末にして練りこんで扱いやすいフィルターにする研究もあるそうです。

HTML形式で表示する
このエントリーをはてなブックマークに追加
添付:

このメールは下記のメールに対する返信です: