NOEMBLEM/エンブレムが設定されていません。

メールの詳細(トピック表示)

14日のメモ、サンチアゴ

投稿者:なかがわさん  2018/08/15 18:52  MLNo.337   [メール表示]

中川です。こんにちは。

ミニゲーム会で、先日お話ししておりました「サンチアゴ」をプレイする機会に恵まれました。お付き合いいただいた皆様ありがとうございました。

私がこのゲームを持ってくると、古参の皆様の中には「またそんなものを…」と言う人も多いのですが、なぜそんなことを言われるのか、コンテキストの説明を兼ねて、プレイの感想として報告いたします。



私自身、4回目くらいのプレイなのですが、ゲーム脳力に乏しいため、これまで正直、よくわからないままプレイしていたところがありました。とくに中盤以降。

今回は、タイルの運も幸いして盤面がわかりやすかったのか、以前よりはゲームに振り落とされずにプレイすることができたと感じました。

…あぁ、先に結論を言っておきますと、ある程度やり方がわかった上での現時点での評価は、

・いわゆる「面白いクソゲー」
・人を選ぶ
・教育には使える

といったところです。

日本のボードゲームDBサイト「PGDB」でも、10点8点の人と3点の人がいます。

http://www.gamers-jp.com/playgame/db_gamed.php?game_id=376


BGGは…あれ、あんまり割れてない…3点か2点の所に山が出来てもいいと思うんですけど…

https://boardgamegeek.com/boardgame/8125/santiago/ratings?rated=1

手短に述べますと、このゲーム、本質的には、勝利点で勝利点を買うシビアなゲームであるにもかかわらず、途中のプロセスに、入札や賄賂などの「お気持ち」要素が入ってきて、緻密な計算がやすやすと吹っ飛んでしまいます。ゲーム中かなり考えるにも関わらず、突き詰めて深く考えたいひとには好かれないかも知れません。


以下、怪しげな点をやや詳しく。

1.
身を削る勝利点の使い道が「手番への入札」と「賄賂」しかない。普通に異常なのですが、勝利点が紙幣の形をしているため、なんとなく「わーいおかねおかね」でゲームが進行しがちです。

アグリコラでは3失点をあんなに真顔で回避するのに、なぜサンチアゴでは手番のためにやすやすと5失点してしまうのでしょうか…不可解です…

2.
なまじ、入札→畑→賄賂→水路のシステムが洗練されているので、本来の目的を見失って「お気持ち」で遊びがちです。システム的には1金の凌ぎ合いのような厳しい戦いをさせられますが、そんな中で意外と、印象操作が横行するんですね。

往々にして、
「ここ36点でるねー」
「あー、危ないかなー。じゃあこの場はこっちに水路引いとくかなー、フヘヘ」
「えっさっきこっちに水路引くって…」
「いやーめんごめんごw」
…みたいな会話になります。実際には、危ないか危なくないかは、全タイルを確認計算して行けばある程度検証できるわけですが、なかなかそうしません。三味線を飛ばして雰囲気で「フヘヘ」と言ってた方が面白いから。



ボードゲームをなるべく計算と理で解きたい人にとって、これらはちょっと我慢出来ないことです。目の前で、印象操作によって人が理性的でない判断をするのを目撃するわけですから。

真面目に調べて考えて投票に行った国政選挙の投票所出口で、「お前誰入れるー?」「えーわからん。鉛筆転がして決めるわww」みたいな会話の人と入れ違いになったら、誰だってカッとなるでしょう。俺の1票がこいつの1票と等価とかまじでファッ……これはそういうゲームです。衆愚……。

昨日の自分のプレイを振り返ってみても、客観的には「裏切り」「おためごかし」「手のひらクルー」に該当する瞬間があったのかも知れません。しかしプレイ中は、そこそこ真面目にやってる気になっているのです。期せずして誰もが邪悪を発揮するのが、このゲームの恐ろしいところです。



で、まぁ、人を選ぶゲームには違いないのですが…

個人的には、定例会でこれを遊んでもいい顔してもらえないだろうなーという人の顔が数人浮かぶ一方、是非これをやってヘラヘラして欲しい人の顔が数人浮かぶのも、たしかです。

苦手な方も、一度プレイして、他人がフワフワヘラヘラと、ノリや印象操作で金をやりとりしているのを目の当たりにすれば、「人間は最後の勝ち負けの為の面倒な点数計算より、そこそこ理がありそうなら目先の面白い方を選ぶ」という、行動経済学的な真理を学ぶことが出来るでしょう。

3〜5人、5人推奨、90分。クソゲーとか言ってますが、「ボードゲームは人との絡みがあってなんぼ、結果はおまけ」の人には、かなりオススメ出来るゲームです。

システムは洗練されているので、苦手な人も一見の価値くらいはあるかもしれません。どんなゲームか興味ある方は、お声がけください。
私は久しぶりに遊べたので、2年くらいはやらなくていいかな!

ではでは。


このMLメールはHTML形式でメール投稿されています。HTML形式で表示
このエントリーをはてなブックマークに追加

メールへの返信はMLのメンバーしかできません。

更新順メールリスト