NOEMBLEM/エンブレムが設定されていません。

メールの詳細(トピック表示)

テレビ放送の紹介(2019年6月16日)

投稿者:京都のGREENさん  2019/06/14 20:17  MLNo.11988   [メール表示]

みなさま、京都のGREENです。

「テレビ放送の紹介(2019年6月16日)」です。

https://blog.goo.ne.jp/01780606/e/85f2d71b57c2bc01068a24ef4632fd0c





テレビ放送のお知らせです。日時は関西のものとなっていますので、他地域の方はご確認の上でご覧下さい。

なお、予定は急に変更されることがあります。



(再放送)「バリバラ「“きょうだい”の悩み」(2)」(NHK Eテレ 深夜午前00:00〜00:30)

「きょうだいの悩み」第2弾!番組ディレクターが、知的障害のある姉を理解したいと大阪二人旅。障害のある兄弟姉妹を介助している人や、互いに自立して暮らしている人など、さまざまな立場から、障害のある兄弟姉妹との距離や自立の可能性など、「きょうだいの悩み」解消をテーマに大激論「きょうだい」たちの悩みの根幹にある「情報がない」「世間の目」「社会資源につながれない」などの問題を浮き彫りにする。ゲスト森三中など

http://www6.nhk.or.jp/baribara/lineup/single.html?i=1084#top



「テレメンタリー2019「夢も、希望も〜仮放免者の未来〜」」(ABCテレビ、テレビ朝日系列 午前04:50〜05:20)

去年の年末、名古屋市内で暮らしていた少女と、その家族が忽然と姿を消した。彼女は18歳。大学の推薦入試に合格した直後の出来事だった。少女には同級生にも明かしてない事情があった。仮放免。仮放免はオーバーステイの外国人に対する措置のひとつで、幼い子供がいる場合などに適用される。収容はされないものの、様々な制限の中で暮らさなければならない。その最たるものが就労を禁じられていることだ。

日本にやってくる外国人たちは設計通りに動く機械の部品ではない。日本で生まれた子供の中には、国籍は親の国籍でも、成長の過程で日本人としてのアイデンティティを身に着けていく場合が少なくない。 姿を消した少女も、入管制度とアイデンティティの狭間で翻弄される「オーバーステイ2世」の一人だ。彼女に、次々と襲い掛かる試練。18歳の夢は、いつか叶うのだろうか。

https://www.tv-asahi.co.jp/telementary/



(再放送)「未来スイッチ “日本語でダイジョウブ”「外国人の災害避難」」(NHK総合 午前05:10〜05:15)

2020をきっかけに暮らしの身近な課題の解決をめざす「未来スイッチ」。今回は、災害時の外国人の避難。訪日外国人の数が3000万人を突破する中、外国人が日本で災害にあった時、どうすれば不安をとりのぞけるか。今、やさしい日本語で話しかけようという動きが広がっている。大勢の外国人が訪日する東京五輪・パラリンピックでは災害への備えが欠かせない。外国語がわからなくても、気軽に声をかけられるヒントを伝える。

http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-06-16&ch=21&eid=24647



「JNNドキュメンタリー ザ・フォーカス【気鋭の万葉学者・上野誠の魅力】」(MBS毎日放送、TBS系列 午前05:15〜05:45)

福岡市出身の万葉学者・上野誠(58)。奈良大学文学部で教授を務める。こども時代、上野の実家は福岡市の中心部、呉服町で洋品店を構えていた。博多祇園山笠にも締め込み姿で参加し、大勢の人たちの中で揉まれて育った。俳人でもあった母・繁子は、息子の大学入学に寄せて、「一流に すこしはずれて 入学す」と詠んだ。商売人らしい気風の良さとユーモアに溢れた気質を、上野を受け継ぐ。

聞き手を引き込む話術で万葉集を読み解く上野の講演依頼はひっきりなしだ。奈良大学で毎年、夏休みに開かれるスクーリングには、全国から上野ファンが押しかける。 上野の故郷・福岡はかつて、大宰府が置かれたところ。大陸との交渉窓口となった場所だ。生を受けた朝倉市は7世紀、百済救済のために筑紫へやってきた斉明天皇が崩御した地である。2018年9月、朝倉市では上野が参画して日韓交流のイベントが行われた。

上野が書いた額田王の朗読劇を演じたのは、女優、松坂慶子。上野と共に、日本と韓国で公演を重ね、文化交流を続けている。 大陸交流の入口、福岡にルーツを持ち、万葉集を読み解きながら「8世紀を生きた人びとの考えを知り、今を生きる私たちの指針としたい」という気鋭の万葉学者、上野誠の魅力に迫る。

https://www.mbs.jp/p/thefocus/
http://www.tbs.co.jp/jnn-thefocus/archive/20190602.html



「目撃!にっぽん「猫島ワールド」」(NHK総合 午前06:10〜06:45)

九州・島原湾に浮かぶ湯島は、300人の住民と200匹の猫が暮らし、「猫島」と呼ばれている。島の猫のほとんどは“半野良・半飼い”。猫は自由に人の家に出入りし、島民が誰とはなしに世話をする、独特の関係を築いてきた。漁に出るとき、いつも猫を連れて行く男性。夫を亡くし、猫に囲まれて過ごす一人暮らしの女性…。人と猫の間に“壁”がない「猫島ワールド」。その日々をノーナレーションで綴った。

https://www4.nhk.or.jp/mokugeki-nippon/x/2019-06-16/21/24662/1077347/



「日曜討論 政策責任者に問う 経済・社会保障・外交」(NHK総合 午前09:00〜10:00)

会期末迫る国会。年金など社会保障は?消費税率の引き上げと今後の経済政策は?イラン情勢への対応など外交政策は?終盤国会そして夏の政治決戦にどう臨む?政策責任者討論

https://www4.nhk.or.jp/touron/x/2019-06-16/21/24681/1543563/



「明日へ つなげよう ふるさとグングン!▽獣害は地域づくりの原石だ!津市美里町2」(NHK総合 午前10:05〜10:53)

テーマは「獣害」。サルやイノシシの被害に悩む三重県津市足坂集落では、1年前の前回、専門家を招き、動物の“潜み場”となる耕作放棄地や、放置された果樹などの”エサ場”を無くす取り組みを集落総出で進めた。今回、再訪すると被害は激減!集落には、獣害対策をきっかけに、みんなで耕す共同農園もうまれ、明るさを取り戻していた。ところが、周辺の集落では、被害が増加!?今回は、より広い地域での獣害対策に動き出す。

https://www.nhk.or.jp/ashita/bangumi/



「あの日 あのとき あの番組「どう分かち合う 夫婦の老後」」(NHK総合 午後01:50〜03:00)

日本人の平均寿命は、女性87.26歳、男性81.09歳。高齢化が進む中、長くなる夫婦の老後に、妻と夫がどう向き合えばいいのか大きな関心事です。ご覧いただく番組は、NHKスペシャル「見えず聞こえずとも〜夫婦ふたりの里山暮らし〜」(2015年)。目が見えず、耳が聞こえない妻と、いつもそばに寄り添う夫の2人だけの暮らしの中の細やかな心の通い合いがつづられています。パートナーと豊かに暮らすヒントを探ります

https://www4.nhk.or.jp/nhk-archives/x/2019-06-16/21/24702/1845577/



(再放送)「映像の世紀プレミアム 第12集「昭和 激動の宰相たち」」(NHK BS1 午後03:00〜04:30)

昭和7年、来日したチャップリンは犬養首相と会談を予定していた。しかし当日、青年将校たちが首相官邸を襲撃、首相の命を奪った。五・一五事件である。喜劇王が見たのは首相の命までも奪いながら軍国主義へ進む日本の姿だった。軍を制御できずに戦争への道を開いた公爵宰相・近衛文麿、精神主義で日本を染め上げた軍人宰相・東条英機、講和独立を果たしたワンマン宰相・吉田茂、安保改定に政治生命をかけた岸信介。激動の物語。

https://www4.nhk.or.jp/P4235/x/2019-06-16/10/24520/2899077/



「証言記録スペシャル いつか来る日のために「雨季到来!いますぐ役立つ 豪雨対策」」(NHK総合 午後03:05〜03:55)

去年の西日本豪雨では、避難勧告・指示が出ていても、実際に避難した人は100人に1人もいませんでした。しかし、予測不能な大雨から命を守るためには、“いつ”“どこへ”避難するかが、大きなポイント。番組では、避難するための具体的なサインになる「避難スイッチ」を伝授。さらには、万が一タイミングを逃したときの「セカンドベスト」な避難場所についても考えます。『知っておいてよかった…』と思える情報が満載です。

http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-06-16&ch=21&eid=24704



(再放送)「BS1スペシャル「ベイリーとゆいちゃんが教えてくれたこと」」(NHK BS1 午後07:00〜08:50)

セラピー犬ベイリーが関わった患者は9年間で実に3000人以上。ベイリーに始まった医療現場へのセラピー犬の本格的な導入は、今、全国の医療機関へと広がりを見せている。さらに、番組では、「なぜ犬が人間の心を癒やすのか?」という謎にも、最新科学で徹底的に追求。その結果、人と犬の間には、種が違うにもかかわらず「互いに愛情を感じ、心を癒やし合う仕組み」が確かに存在することが明らかに!

https://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2019-06-16/11/24611/2345039/



「NHKスペシャル「モネ 睡蓮(すいれん)〜よみがえる“奇跡の一枚”〜」」(NHK総合 午後09:00〜09:50)

2016年、ルーブル美術館の収蔵庫で半分がちぎれ、ボロボロの状態の「睡蓮・柳の反映」が見つかりました。クロード・モネの集大成といわれ、長年行方知らずだった「幻の名画」です。持ち主は日本人実業家の松方幸次郎。100年ぶりに日本に返され、国立西洋美術館で絵をよみがえらせる1年がかりのプロジェクトが始まりました。人の手による作業と人工知能・AIを駆使した総力戦に密着します。語りは俳優・木村文乃さんです。

http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20190616



「BS1スペシャル「北朝鮮への“帰国事業”知られざる外交戦・60年後の告白」」(NHK BS1 午後10:00〜11:50)

1959年、北朝鮮への帰国事業はどのように始まったのか。世界各国の機密文書が開示され、舞台裏で、日朝両政府だけでなく、冷戦下の米ソ、韓国がし烈な外交戦を繰り広げていたことが明らかになった。いま、脱北した在日コリアンや日本人妻が重い口を開き始めている。これまで「つらい状況にあった」と語られてきた北朝鮮での生活が時の政策や国際情勢に翻弄され続けてきた事実が浮かび上がってきた。帰国事業の真相に迫る。

https://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2019-06-16/11/24619/3115630/



管理人のサイト

「近代京都の歴史〜GREENの部屋」 http://www3.plala.or.jp/kindai-kyoto/
「写真で見る近代京都の歴史〜GREENの部屋」 http://www14.plala.or.jp/senseki-kyoto/index.html

Twitter https://twitter.com/GREEN61592852


このエントリーをはてなブックマークに追加

メールへの返信はMLのメンバーしかできません。