NOEMBLEM/エンブレムが設定されていません。

メールの詳細(トピック表示)

テレビ放送の紹介(2019年10月21日〜2019年10月22日)

投稿者:京都のGREENさん  2019/10/19 18:46  MLNo.12154   [メール表示]

みなさま、京都のGREENです。

「テレビ放送の紹介(2019年10月21日〜2019年10月22日)」です。

https://blog.goo.ne.jp/01780606/e/8a8c9b36c287e449f1e7a11473163bb6





テレビ放送のお知らせです。日時は関西のものとなっていますので、他地域の方はご確認の上でご覧下さい。

なお、予定は急に変更されることがあります。



10月21日(月)

「NNNドキュメント「人生の湯 城下町の一角で…」」(読売テレビ、日本テレビ系列 深夜午前01:05〜01:35)

長野県松本市の松本城から徒歩3分。明治36年から続く銭湯「塩井乃湯」は、昔のままの木製ロッカーにタイル張りの湯船。経営するのは4代目、田中洋子さん1人だが、洗い場の掃除などはご近所さんが手伝う。まだ日の残る午後3時、開店と同時にやってきて世間話に花を咲かせるのは近所のお年寄り達だ。しかし寄る年波とともに通えなくなる常連さんも増え…。城下町の一角にたたずむ銭湯とそこに通う人々の5年間を見つめた。

http://www.ntv.co.jp/document/



「Side by Side「“魔法の教材”で未来を開け!〜カンボジア〜」」(NHK BS1 午前04:30〜05:00)

教育環境の改善が遅れ、中学への進学率が2割にとどまるカンボジア。子供たちへ勉強の楽しさを伝えようと、オリジナル教材を開発して無料で小学校へ配布しているのが、大学で日本語教師を務める松岡秀司さんとその教え子たちだ。オリジナル教材は、すごろくができるカンボジアの地図で、遊びながら学べる工夫がされている。ボランティアで地雷除去を続けるカンボジア人アキ・ラー氏の言葉が松岡さんらの活動を支えている。

https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/ondemand/video/2037058/



「おはよう関西▼戦争の記憶をつないで 小さな記念館の模索」(NHK総合 午前07:45〜08:00)

近江八幡市の滋賀県平和祈念館は戦争体験者の証言や戦争遺跡の発掘・収集を地道に続け、年3回の企画展を行って来た。令和最初の開戦の日に向けた企画展では、「戦時下の女性」の写真を特集。戦争の担い手でもあった女性たちの戦争体験に焦点をあてることが狙いだ。戦争体験者の高齢化が進む中、地方都市でいかに戦争の記憶を後世に残していくか、記念館の模索を追う。

https://www4.nhk.or.jp/P2849/x/2019-10-21/21/58776/8244049/



「あの日 わたしは〜証言記録 熊本地震〜「熊本県 南阿蘇鉄道 山本英明さん」」(NHK総合 午前10:50〜10:55)

熊本地震で線路が寸断された南阿蘇鉄道▽運転手1年目で被災した山本さん▽車両を点検したり掃除をしながら運転再開を待つ日々▽SNSで情報を発信すると運休中にもかかわらず駅舎に鉄道ファンが訪れて▽一部で運転再開し乗客を社内アナウンスで楽しませるなど頑張る日々!

https://www9.nhk.or.jp/archives/311shogen/



(再放送)「ハートネットTV「パラマニア(15) 卓球」」(NHK Eテレ 午後01:05〜01:35)

パラスポーツの知られざる魅力を深堀りする「パラマニア」第15回は「卓球」。立位、知的障害、車いすの3つのクラスに分かれているが、義手の選手と義足の選手のマッチアップなど、障害の違う選手同士の戦いが見られる稀有(けう)な競技。ラケットの持ち方から戦術まで、自分の障害に応じた戦い方は驚きの連続。71歳のレジェンド選手や高校生の新星まで、2020東京大会を目指す選手もご紹介。古舘伊知郎さんの白熱実況も!

https://www.nhk.or.jp/heart-net/program/heart-net/1172/



「視点・論点「8050問題 ひきこもりの実態と背景」」(NHK Eテレ 午後01:50〜02:00)

ジャーナリスト…池上正樹

http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/



(再放送)「Asia Insight選「中国 命の電話」」(NHK BS1 午後02:00〜02:30)

急速な発展とともに中国人の“心の病”が深刻化している。そんな人々に命のよりどころを提供したいと命の電話が立ち上げられた。生死のはざまで揺れる人々の言葉を記録する

https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/asiainsight/



「ニュースほっと関西」(NHK総合 午後06:10〜06:30)

介護必要なお年寄りにも仕事を!狙いとは?

https://www4.nhk.or.jp/P3532/x/2019-10-21/21/58917/8300474/



(再放送)「ハートネットTV「パラマニア(9)馬術」」(NHK Eテレ 午後08:00〜08:30)

パラスポーツの魅力をクイズ形式で知ってもらう企画。今回は「馬術」。唯一動物と一緒に行う、奥深い競技。体や視覚に障害のある選手が馬を操作し、その正確さや美しさを競う。人馬一体の演技を、言葉の魔術師・古舘伊知郎さんが実況解説。演技の「正確さ」や「美しさ」をどう評価するのか。解答者たちが、馬術の採点に挑戦!国内トップの実力を誇る高嶋活士選手と愛馬・ケネディ。練習のとき愛馬にあげる、意外な“大好物”とは?

https://www.nhk.or.jp/heart-net/program/heart-net/1099/



「きょうの健康“こころの不調”の処方箋「これって適応障害?」」(NHK Eテレ 午後08:30〜08:45)

ストレスが原因で日常生活に支障が出て、仕事が続けられなくなったり、学校に行けなくなったりする場合もある適応障害。そのうち元気になるだろうとやり過ごしていると、不安症やうつ病につながる場合もある。憂うつな気分で落ち込む、不安感で神経質になる、焦る気持ち、涙もろくなって泣く、わめくなどの症状がある場合は、早めの対処が必要。薬物療法だけでは治療がうまくいかないことが多く、環境調整や認知行動療法が重要だ。

https://www4.nhk.or.jp/kyonokenko/x/2019-10-21/31/18815/2137827/



「国際報道2019 カナダ総選挙 焦点は温暖化対策」(NHK BS1 午後10:00〜10:40)

カナダ総選挙が21日に行われる。選挙戦では移民問題や対中政策がテーマになる中、最大の争点は「温暖化対策」。連邦炭素税を新たに導入してきたトルドー首相はスウェーデンのグレタさんとの面会後に20億本の木を植える計画を発表、再選をめざす。一方、野党・保守党は経済界の負担が大きいとして炭素税の廃止を訴えている。与野党の支持率がきっ抗する中、カナダ社会を二分する温暖化対策議論の行方を展望する。

http://www.nhk.or.jp/kokusaihoudou/bs22/



「逆転人生「中国のカリスマ日本語教師 涙の青春スピーチ」」(NHK総合 午後10:00〜10:50)

草ナギ剛と山里亮太がスタジオで大感動!中国で大人気、名門の北京大学や清華大学で教べんをとるカリスマ日本語教師・笈川幸司さん(49)。実はかつて、売れないお笑い芸人だった!?尖閣諸島に端を発する激しい反日デモ。そのさなかに開催された、知られざる奇跡の日本語大会。集まった中国の若者たちの、涙の日本語メッセージを大公開!あのSMAP北京公演、舞台裏の感動秘話も熱く語った。話題の美人過ぎる中国語教師も登場!

https://www4.nhk.or.jp/gyakuten-j/x/2019-10-21/21/18706/1795027/



「100分de名著 西田幾多郎“善の研究” 第3回「“純粋経験”と“実在”」」(NHK Eテレ 午後10:25〜10:50)

音楽を聴くという体験は音源から伝わる空気の振動を感覚器官がとらえるという物質過程ではなく、主体も客体も分離される以前のあるがままの経験が何にも先立って存在する。これを「純粋経験」という。この立場から世界を見つめると、私たちが「実在」とみなしてきたものは、単なる抽象的な物体ではなく、世界の根底でうごめている「一なるもの」の「働き」としてとらえ直されるという。第3回は西田幾多郎の根本概念に迫る。

https://www.nhk.or.jp/meicho/famousbook/92_nishida/index.html#box03



「ストーリーズ 事件の涙「“170枚の日々”をたどる〜仙台 母子心中事件〜」」(NHK総合 午後10:50〜11:20)

妻は子どもに手をかけ、その後、自ら命を断った。1月、仙台市で記者会見を行ったのは、去年11月に起きた「仙台母子心中事件」の遺族となった男性。その内容は大きな衝撃を与えた。いじめを理由に自殺をしたいと話していた娘。妻が残した170枚の手記には学校への相談を繰り返し、あきらめた経緯がつづられていた。「2人で悩んで勝手に死んだでは終われない」。残された男性が、妻と娘の苦悩に向き合う日々を見つめる。

https://www4.nhk.or.jp/P4708/x/2019-10-21/21/18708/2894224/



「時論公論「台風19号から1週間▽広域水害どう避難?」松本浩司解説委員」(NHK総合 午後11:35〜11:45)

台風19号から1週間。非常に広い範囲が被災し、避難には想定外の課題が浮上。避難所の収容力が不足したり市内全域が浸水区域で県境を越えてバスで避難したり。詳しく解説

http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/100/



(再放送)「アナザーストーリーズ「マンデラと“ゆるし”〜アパルトヘイトとの闘い〜」」(NHK BSプレミアム 午後11:45〜00:45)

1990年2月、反アパルトヘイト闘争で投獄されていた南アフリカのマンデラが27年ぶりに釈放された!この瞬間を待ち望んでいた黒人たちは歓喜に沸く。しかしマンデラの言葉が彼らを仰天させる!敵だったはずの白人へ“ゆるし”を説き、共に新しい国をつくろうと呼びかけたのだ。なぜ長い獄中生活を経てもそんな言葉を口にできたのか?元看守・囚人らが明かすマンデラの真実。ラグビーW杯での国歌披露に隠された感動秘話も!

https://www4.nhk.or.jp/anotherstories/x/2019-10-21/10/18529/1453134/



「BS世界のドキュメンタリー「執事が見たイギリス王室」」(NHK BS1 深夜午前00:00〜00:43)

チャールズ皇太子のための究極の靴下のたたみ方、王室ハウスキーパーの採用試験、ウィリアム王子の結婚式で出されたケーキのレシピ…。イギリス王室には、執事、料理人、乳母など千人以上が仕え、それぞれプロの仕事の流儀がある。華やかな世界に身をおく憧れの仕事は、安い給料でも大人気だ。ロイヤルファミリーひとりひとりの性格をうかがわせる秘話も織り込みながら、執事たちの目線でイギリス王室の知られざる一面を描く。

https://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=191022



(再放送)「NHKスペシャル選「天安門事件 運命を決めた50日」」(NHK総合 深夜午前01:10〜02:00)

中国政府の発表で「動乱で319人が死亡」とされている30年前の天安門事件。市民を、なぜ、どのように武力で鎮圧したのか、詳細はわからないままだ。今回、NHKはその真相に迫ろうと、中国や世界各地に当事者を訪ね、新たな史料を発掘した。見えてきたのは、周到に配置されていた軍の姿や、政権内部の権力闘争の一端だった。中国の運命を決めた50日間を再検証し、数々の事件の謎に迫る。

http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20190609



(再放送)「視点・論点「8050問題 ひきこもりの実態と背景」」(NHK総合 深夜午前03:50〜04:00)

ジャーナリスト…池上正樹

http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/



(再放送)「目で聴くテレビ」(KBS京都 午前08:00〜08:30)

▽老ろう介護 第10話▽月曜男の手話漫談▽第17回京都さがの手話まつり

http://medekiku.jp/medekiku_tv/



(再放送)「ハートネットTV NHKハート展「まったくもう」・「僕の脚」」(NHK Eテレ 午後01:05〜01:35)

障害のある人がつづった詩に、著名人がアート作品を寄せるNHKハート展。知的障害のある尾形きららさん(12)は、父親を2年前に病気で亡くし母と2人暮らし。父の位はいに投げかけた意外な言葉から、切なくもユーモラスな詩が生まれた。左足を若い頃の事故で切断した印南房吉さん(90)は、いつか来る死を失った足との“再会”として待つ一方で、「もう一度義足で歩く」という目標を捨てていない。人生と詩とアートの共演。

https://www.nhk.or.jp/heart-net/program/heart-net/1173/



(再放送)「BS1スペシャル「あなたの隣の奇跡 地域を動かした人々の物語」」(HK BS1 午後03:00〜04:50)

少子高齢化、人口流出…。暗い話題が多く聞かれる地方ですが、心配ばかりしなくても大丈夫!未来を切り開く“奇跡”は起きているんです。和歌山県では農家が売り上げを急増!3億円プレイヤーも!徳島の限界集落ではこの10年で外国人観光客がなんと34倍に!山口では地域を救いたいと素人が超高級日本酒を開発。1本60万円なのに海外で大人気!実は奇跡を起こすヒントはすぐそばにあるんです。地域を動かした人々の物語。

https://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2019-10-22/11/26555/2420541/



(再放送)「NHKスペシャル「日本人と天皇」」(NHK総合 午後04:05〜05:00)

私たち日本人にとって天皇とは何か。歴史をひもときながら考える。皇位継承に伴う一世に一度の儀式「大嘗祭」。その内容は長くベールに包まれてきた。私たちは徹底取材を元に「大嘗祭」を再現。天皇と神々との関係に迫る。さらに、皇位継承を男系に限るという伝統についても取り上げる。これまでの議論を発掘資料やスクープ証言を交えて検証。新時代、主権者の私たちはこの問題にどう向き合えば良いか。そのヒントを探っていく。

http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20190430



(再放送)「BS1スペシャル「密着ドキュメント よみがえる熊本城」」(NHK BS1 午後05:00〜05:50)

3年前の熊本地震で壊滅的な被害を受けた熊本城。石垣は至る所で崩れ落ち、重要文化財も大きく損壊した。しかし、熊本のシンボルでもある熊本城をなんとかよみがえらせようと、復旧プロジェクトがスタート。この10月、熊本城復旧は天守閣の外観完成という大きな節目を迎える。熊本の人々にとって、熊本城は街のシンボルでもあり、再建は復興への希望。その思いとともに行われた空前の大プロジェクトの舞台裏に密着した。

https://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2019-10-22/11/26469/3115705/



「ハートネットTV NHKハート展「手話」・「ままのめ」」(NHK Eテレ 午後08:00〜08:30)

障害のある人がつづった詩に、著名人が作品を寄せるNHKハート展。知的障害を伴う自閉症のある岩元優真さん(14)にとって、詩は周囲の人に自分の言葉を伝えられる数少ない機会。二人三脚で奮闘する母との日常を独特の表現で描く。聴覚障害のある駿河富子さん(68)は、幼いころ言葉に傷つき、詩を書く中で自らの人生を取り戻してきた。綴るのは4年前から通い始めた手話の勉強会での一コマ。詩に込められたそれぞれの人生。

https://www.nhk.or.jp/heart-net/program/heart-net/1179/



「きょうの健康“こころの不調”の処方箋「パニック症!突然の恐怖 どう対処?」」(NHK Eテレ 午後08:30〜08:45)

ある日突然、発作的に激しい動悸(き)、呼吸困難、めまい、死ぬのではないか!という不安に襲われるパニック症。発作への恐怖や不安で行動範囲が狭まっていき、日常生活や仕事に支障を来すこともある。症状が強くなると、うつ病を併発する場合もあるため、早目に気づいて治療することが大切。治療は、考え方や行動パターンを変え、恐怖や不安を乗り越えられるようにしていく認知行動療法が有効。

https://www4.nhk.or.jp/kyonokenko/x/2019-10-22/31/19260/2137828/



「クローズアップ現代+「【リスク】薬が害に多種類で…認知症も?サプリメントは?」」(NHK総合 午後10:00〜10:30)

薬の副作用で…高齢者は6種類以上飲んでいたら注意!減らしたら寝たきりの人が劇的改善▽どう減らす?ポイントは▽現役世代も注意必要!サプリメント医師に伝えている?

https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4343/index.html



「奇跡の星「巨大な衝突 後編」」(NHK Eテレ 午後10:50〜11:15)

かつてテイアと呼ばれる惑星が、地球と衝突。地球の一部がはぎ取られて、月になったといわれている。月の引力によって、地球の海に潮の満ち干がおきる。さらに惑星ティアとの衝突によって、地球の地軸が傾いて、季節が生まれた。季節が作り出されたことで、地球の生命はさらに多様なものになっていく…。(アメリカ2018年)

https://www4.nhk.or.jp/P5973/x/2019-10-22/31/19277/2303004/



「時論公論 テーマ未定」(NHK総合 午後11:35〜11:45)

http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/100/



(再放送)「NHKスペシャル▽昭和天皇は何を語ったのか〜初公開・秘録 拝謁(はいえつ)記」(NHK総合 午後11:50〜00:50)

占領の時代、昭和天皇のそばにあった初代宮内庁長官・田島道治の新資料「拝謁記」が公開された。1949(昭和24)年から克明に記されていたのは、昭和天皇の言葉。天皇は、敗戦の道義的責任を感じ、退位も考えていた。さらに1952年の独立記念式典の「おことば」で戦争への反省を述べようとする。しかし、最終的に戦争の経緯は削除された。なぜかー。天皇と長官の対話から、象徴天皇の出発点に迫る。(片岡孝太郎、橋爪功)

http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20190817_2


このエントリーをはてなブックマークに追加

メールへの返信はMLのメンバーしかできません。