NOEMBLEM/エンブレムが設定されていません。

メールの詳細(メール表示)

件名:

イラクにおける米英軍の拷問と虐待〜これは「例外」ではない〜

差出人: さん "comcom…<comcom…>
送信日時 2004/05/11 21:46
ML.NO [local-peace:3204]
本文:

comcomです。
アムネスティが明日から始めるアクション情報を転送します。

■■■ TAKE ACTION ■■■ TAKE ACTION ■■■ TAKE ACTION ■■■

   イラクにおける米英軍の拷問と虐待〜これは「例外」ではない〜
            アムネスティ・インターナショナル

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


「米国政府は依然として、ジュネーブ条約や法の基本的な原則、人権、そして礼節を軽
視している。その結果、米国人兵士は、囚人から人間性を奪い、品位を傷つけても処罰
されないと感じる風潮が生じている」

「現在イラクで目撃されていることは、人権や戦争に関する法を打ち捨てて、『テロとの
闘い』を執拗なまでに追及した結果である」

  〜アイリーン・カーン・アムネスティ事務総長からブッシュ米大統領への書簡より〜

                    ■■■■■■■■■

 イラクの刑務所内において占領軍が行なっていた拷問と虐待を示す映像が、世界中
に衝撃を与えています。
 ラムズフェルド国防長官はアブグレイブでの虐待行為は「例外」で「常習化したもので
も習慣でもない」と主張しました。しかしアムネスティ・インターナショナルは、1年も前か
ら占領軍による被拘禁者の拷問・虐待、そして時には虐殺について指摘し、米国政府
と連合国暫定当局(CPA)に対して徹底した調査を実施するよう訴えてきました。またア
ムネスティは英国政府に対しても、英国軍が管理するイラクの拘禁施設内で拷問が行
なわれ一人が死亡した問題について、2003年5月の時点で指摘しています。2004年3
月18日に報告書『戦争から1年』を発表し、占領軍による刑務所内での拷問や虐待につ
いて詳細に伝えました。報告書は、占領軍による被拘禁者への虐待が「例外」などでは
ないことを明確に示しています。
(一部邦訳 http://www.incl.ne.jp/ktrs/aijapan/2004/0403182.htm
 5月7日、アイリーン・カーン・アムネスティ・インターナショナル事務総長はブッシュ米大
統領に公開書簡を送り、アブグレイブで行なわれた残虐行為は戦争犯罪であり、公正
で透明な捜査を確実に行い、責任者は誰であれ裁判にかけるよう求めました。
(関連するニュースリリース:http://www.incl.ne.jp/ktrs/aijapan/2004/0405070.htm)

                     ■■■■■■■■■

---------------------------------------
ブッシュ大統領に公正な調査を求めてください
---------------------------------------

 ブッシュ米大統領に、徹底かつ独立した、透明性のある調査の実施を求めてくださ
い。そして、被拘禁者に対する拷問や虐待や品位を傷つけるような取り扱いを行なった
すべての者、このような行為を容認してきたすべての上官が責任をとり、またすべての
占領軍兵士が、虐待行為が許されないことを完全に理解することを保証するよう、求め
てください。

■ 英語または日本語の要請文を、国際電報、ファックス、航空便(葉書は全世界70
円)、航空書簡(全世界90円)などで送付してください。
■ 自分で要請文をを作られて送られても結構ですし、下記に用意した「要請文の例文」
を利用していただいても結構です。

【手紙の送付先】
ジョージ・ブッシュ米大統領
The Honorable George W. Bush
The President of the United States
1600 Pennsylvania Avenue, NW, Washington DC 20500
Fax: +1 202 456 2461   
Email: President@…
書き出し:Dear Mr President

<要請文の例文>

Dear Mr. President:

I am deeply concerned by recent allegations of torture and ill-treatment
emerging
from Abu Ghraib prison in Iraq. Extensive research by Amnesty
International
suggests that this is not an isolated incident. Amnesty International
has interviewed
former detainees in Iraq and Afghanistan who have reported being
subjected to
torture or other cruel, inhuman or degrading treatment during
interrogation and
detention, and has repeatedly brought this information to the attention
of the US
government. US government officials have yet to respond fully to these allegations.

The torture and ill-treatment of Iraqi detainees by US military
personnel violates
international human rights law and humanitarian law. The implementation
of US and
international laws must be a priority for the United States if the Iraqi
people are to
live free of brutal and degrading practices. For Iraq to have a
sustainable and
peaceful future, human rights must be a central component of the way
forward.

It is essential that the world community view the investigations as
thorough and
impartial, and that both those who commit such acts of torture and those
in
command who condone them are held accountable. For that reason, I urge
you to
support an independent investigation into these violations and public
disclosure of
the findings, and to cooperate with the United Nations High Commission
for Human
Rights and others as they gather information on these abuses.

Thank you for your attention to this matter and I look forward to your
response.

Sincerely

<要請文の抄訳>
私は、イラクのアブグレイブ刑務所で行なわれた拷問と虐待について深く憂慮していま
す。アムネスティ・インターナショナルによる広範な調査は、これが例外的に行なわれた
ものではないことを示しています。アムネスティは、拷問やその他の残虐で品位を傷つ
ける扱いを受けたと訴えるイラクとアフガニスタンの元囚人にインタビューし、その情報
を米国政府に提供し続けてきました。米国政府はこれらの容疑に対し、いまだにまとも
に回答していません。

米軍兵士が行なったイラク人被拘禁者への拷問や虐待は、国際人権法と人道法に反
しています。イラクの人びとが、残虐で品位を傷つけられるような取り扱いから解放され
るために、米国は、米および国際法の実施を最優先しなければなりません。イラクの平
和な未来のために、人権は進むべき道の中心課題とさればければなりません。

国際社会は、調査が完全かつ公正に行なわれ、また残虐行為に加担した者とそれを
容認して来た上官がその責を負うべきであると考えています。それゆえ私は、大統領閣
下が、これらの残虐行為に関する情報を収集している国連人権高等弁務官とその他の
機間と協力し、これらの暴力に関する独立した調査が実施され、その結果が一般に公
表されることを支持するよう求めます。

大統領閣下からのお返事をお待ちしています。


*同じ内容の要請を、アムネスティ・インターナショナル米国支部のホームページから
直接送信することができます(ただし英文)。
http://takeaction.amnestyusa.org/action/index.asp?step=2&item=10780


*****************************************************
川上園子
社団法人アムネスティ・インターナショナル日本
〒101-0048 東京都千代田区神田司町2-7 小笠原ビル7F
TEL:03-3518-6777 FAX:03-3518-6778
E-mail:ksonoko@…
ホームページ:http://www.amnesty.or.jp/
*********************************************************転送ここまで

-----------------------------------------------
              comcom@…

   イラク派兵違憲訴訟の会・東京
http://comcom.jca.apc.org/iken_tokyo/index.html
----------------------------------------------

このエントリーをはてなブックマークに追加
添付: