NOEMBLEM/エンブレムが設定されていません。

メールの詳細(メール表示)

件名:

文献の引用状況を知る

差出人: theclaさん "Nakazato T."<takeru…>
送信日時 2004/02/17 20:22
ML.NO [medicalscience:1502]
本文:

お久しぶりです。なかざと@副管理人です。

昨日、仕事のついでに副管理人の中尾さん@阪大のところに行きまして、
いろいろ話をしてきました。

# 結局、飛行機の着と同じくらいの時間に新幹線で帰り着きました。
確かに、新幹線からもちゃらっといけますね。

で、そこで、ある文献が、どの文献に引用されているかわからないのか、
みたいな話になったのですが、それに関してせっかくなのでMLで。

バイオ研究MegaLink をまるびきなんですけど。
http://www.kenkyuu.net/megalink-01.html

Web of Science
ISI社が提供する引用文献データベース。発行された年以降にその文献を
引用した文献が検索できる(逆引き機能)。研究機関が契約していること
が必要。「自分の論文がどの論文に引用されたか」という形で調べること
もできる。こちらに詳しい説明を書いたのでご覧下さい。

リンク先は、http://wos.isiglobalnet2.com/ なんですが、Apache の
「予想に反して〜」が出るぞ、おい。
どこからいけるのかな。ま、かなーり高いみたいで、多くは、図書館に行っ
て検索が可能なものでしょう。

で、「こちら」というのは、http://www.kenkyuu.net/biotech-02.html
になります。

ISI社って、特許とかやっている Thomson Derwent(トムソン・ダウエン
ト)の片割れですね。(Thomson グループというか...)



それから Citeseer というのがありまして、これは、Google なかでひっ
かかるようなもの(多分、HTMLやPSやPDF)を拾ってきて、そこを検索す
るもので、Search Documents や Search Citations というボタンがある
ので、そういうのを解析して出してくれるのでしょう。
http://citeseer.nj.nec.com/cs

indexing 600,000 documents とかありますが、PubMed でひける MEDLINE
は1200万件とか1500万件ですからね。

お役に立ちましたら。


# しっかし、でかい大学はいろいろPDFとか落とせていいよなー。
ま、これからどんどん公開される方向に行くのだろうけれど。
PLoSとか。


なかざと たける
takeru@…

このエントリーをはてなブックマークに追加
添付: