NOEMBLEM/エンブレムが設定されていません。

メールの詳細(メール表示)

件名:

Re: バイオテクノロジー関係の英文

差出人: theclaさん "Nakazato T."<takeru…>
送信日時 2004/02/24 10:17
ML.NO [medicalscience:1511]
本文:

なかざと@副管理人です。

# 谷津さん、お久しぶりです。元気そうで何より。
中尾さん@阪大とも「谷津さんと最近 連絡とかとってます?」(←口調
をまねてみた)と話したところです。
体裁なんか気にしないで、ちょろっとつっこんだりしてください。

# みなさんも。


> ベシ様が講義でお使いになる文章に求められるのは
> 著作権に抵触しない、公共性のある文章であると思います。
> そして最新のトピックが反映されているものといえば
> まず浮かぶのが学術論文であろうと思われますが、
> 同様に最新の文献として、特許関連文献が挙げられます。
(中略)
> 普段なかなかとっつきにくい特許文献ですが、
> 請求項(Claims)を除くとほとんど学術文献と大差の無い
> 内容ですので、かなり読み易いと思います。

日本語で特許を見たりしますが、はたまた独特の言い回しとかがありま
すね。
それに、日本語だと、「たんぱくしつ」もひらがなだったり、カタカナ
だったり、漢字だったりと、いくつか表現があって大変です。英語だと、
こういうことはないと思うのですが。
率直に、学術論文と特許と、書かれ方、というか、表現というか、言い
回しというか、やはりだいぶ違うものですか? 一言に学術論文と言っても、
国とか雑誌とか分野とか書いた人によって、読みやすい、読みにくいなど
あると思うのですが。。。
特許っぽい単語や言い回しというのもあるかと思います。

一応、学術論文も一時期、盛んに読んだだろうので (^-^;


暇なときに、ちゃらっと返事でもください。

では、風邪などひきませんように。。。


# 分子生物学会での写真、アップしたつもりだったのですが、し忘れてい
たみたいです。機会があったら、やっておきます。



なかざと たける takeru@…

このエントリーをはてなブックマークに追加
添付:

このメールは下記のメールに対する返信です:

このメールには下記のメールが返信されています: