NOEMBLEM/エンブレムが設定されていません。

メールの詳細(メール表示)

件名:

Re: Message for medicalscience

差出人: さん Kazutoshi unno<kaz-unno…>
送信日時 2004/02/26 14:13
ML.NO [medicalscience:1517]
本文:

井手様

答えになっているかどうかわかりませんが、Tight Junctionの研究は、京都大学の月
田教授のグループが詳しく研究されております。

最近の知見として、Tight Junction自身は不動のものでなく、移動をして物質の移動
に関与していると示唆しております。
そして、このTight Junctionの移動には、claudinが関与しており、claudinのタイプ
によって、その動き方が異なると言われております。
もしかしたら、claudinのタイプによって機能的な差異がある様ですから、結合力的
なものにも違いがあるのかも知れません。

しかし、電顕的に見て細胞と細胞の間が空く傾向にあるから、Tight Junctionが弛ん
でいると言った結果に導くのは、非常に危険です。

論文についてはわかりませんが、月田先生のホームページがあると思いましたので、
そちらに何らかの情報があるものと思われます。

--------------------------------
〒213-8507
川崎市高津区二子5-1-3
帝京大学医学部附属溝口病院
     電子顕微鏡室
海野 和俊
TEL&FAX:044-844-3385
--------------------------------

このエントリーをはてなブックマークに追加
添付:

このメールは下記のメールに対する返信です:

このメールには下記のメールが返信されています: