NOEMBLEM/エンブレムが設定されていません。

メールの詳細(メール表示)

件名:

Re: 細胞間隙について

差出人: さん
送信日時 2004/02/26 14:34
ML.NO [medicalscience:1518]
本文:

神経細胞の発達を研究しているものですが、
中枢神経系のニューロンは一般的に若い時期には互いに空間的に近接していて
Gap Junctionを通じて電気的だけでなく
(小分子の交換という形で)物質的にもコミュニケーションをとっています。
そのほうが周囲の細胞と同期的な発達ができる、など色々な点で都合がいいようです。
発達が進むと、普通は、グリア細胞がニューロンの周りを囲んできて
ニューロンの細胞体同士は空間的に離れてきてGap Junctionはなくなって
シナプスを通じた電気的なつながりだけになるようです。

発達期にGap Junctionをつくって細胞同士がつながっているのは
ニューロンだけではなくて様々なcell typeで見られることです。

イデさんが何をしたいのかはよくわかりませんが、
とりあえず上に書いたようなことは
gap junctionとか connexinとかで検索してみれば当たるかもしれません。

山下

このエントリーをはてなブックマークに追加
添付:

このメールは下記のメールに対する返信です:

このメールには下記のメールが返信されています: