NOEMBLEM/エンブレムが設定されていません。

メールの詳細(メール表示)

件名:

Re: bioinfomatics 及びEpidemilogyにつ

差出人: Hidemasa Bonoさん
送信日時 2004/03/27 20:22
ML.NO [medicalscience:1526]
本文:

ぼうのう@某実験中です。
呼ばれたので、実験の待ち時間に出てきました。

On 2004/03/27, at 19:26, Masako KONISHI-ENOKI wrote:
> まず、外国の大学でbioinfomaticsで研究しようと虎視眈々と狙っているのですが
> (研究先を)
> なにせ、初心者なもので、どーにもこうにも暗中模索状態でして、
> わかりません。おすすめの英語の書籍や
> 私が画策している研究には、Epidemilogyが必要になるのですが、

Epidemilogyってなんですか?googleに訊いてみたら
Epidemiology(疫学)のことでしょうか?といわれました。
もしそうならbioinformaticsというよりはbiostatistics系の研究を
なされたいような気がしますが、いかがでしょうか?
それをキーワードに増やしてインターネット検索してみては
いかがでしょうか?

> なお、このMLにも時たま、出没なさる 坊農さん、私はあなたの出身高校の後輩で
> す。Academiaで
> Bioinfomatics分野でご教示くだされば非常に嬉しい次第です。

bioinformatics分野で、といわれましてもなにを学びに海外にいかれたい
のでしょうか?そこがわからないとなんとも助言しかねます。
#高校の先輩に対して大変失礼な言い方かもしれません。すみません。

ぼうのう
--
坊農 秀雅 (ぼうのう ひでまさ) http://DNAmicroarray.org/%7Ebono/
埼玉医科大学ゲノム医学研究センター ゲノム科学部門 講師
〒350-1241 日高市山根1397-1 http://kishoi.jp/
voice: 042-985-7318 fax: 042-985-7329

◇◆ ピペットマンとキーボードを使いこなす研究をしています。 ◇◆
◆◇ 両方を使いこなしたい人募集中。詳細は坊農までemailを。 ◆◇

このエントリーをはてなブックマークに追加
添付:

このメールは下記のメールに対する返信です: