NOEMBLEM/エンブレムが設定されていません。

メールの詳細(メール表示)

件名:

Re: 米農務省、医薬用遺伝子組み換え米の栽培申請を却下

差出人: theclaさん "Nakazato T."<takeru…>
送信日時 2004/04/22 01:37
ML.NO [medicalscience:1547]
本文:

なかざと@副管理人です。

社会派ネタ大好きです。

もしかして、前にこういう議論をしたかもしれませんが、私は遺伝子組換え食
品はアリだと思ってます。(否定も肯定もしない)

そもそも、たとえば遺伝子組換え食品では、病害虫に強いものをつくりだした
りしています。これにより、農薬の使用量が減るとしたら、農薬まみれの野菜よ
りは遺伝子組換えの方がよほど安全と言えるでしょう。
(実際は、農薬のメーカーと結託して、その農薬で一網打尽というビジネスの話
が色濃いのですが)

遺伝子組換え食品は、アメリカはいけいけで、それはビジネスの問題ですが、
ヨーロッパや日本は文化的に食物を大事にするから、反対、という考えが根付い
ているようです。っちゅうか、日本は、反対派の洗脳がうまくいった(市場が固
定された)というのが現状であって、科学のリテラシがちっともなってないと思
うのですが。

こういう科学系のMLで、ビジネスの話はちょっと場違いかもしれませんが。
遺伝子組換えではないというのは、ひとつのブランドになりえます。そのあた
りは消費者が選べばいいことです。ただし、生産者や販売の方が看板を偽って販
売したなら、それはかなり厳しい社会的制裁を加えるべきだ、と思ってます。


多分、反対派のサイトばかり目に付くだろうから、冷静に判断をしているよう
なサイトを紹介しておきます。
特に「リスク交換のすすめ」という文章は必読です。
http://web-mcb.agr.ehime-u.ac.jp/gmo1/Default.htm


---

ξ
■P Takeru Nakazato

takeru@…
http://www.246.ne.jp/~takeru/

このエントリーをはてなブックマークに追加
添付:

このメールは下記のメールに対する返信です: