NOEMBLEM/エンブレムが設定されていません。

メールの詳細(メール表示)

件名:

P.S.: 食と農、生態系影響検討事例ご紹介

差出人: nさん "pingoo"<pingoo…>
送信日時 2004/04/22 02:28
ML.NO [medicalscience:1549]
本文:

追伸

在原です。

日経BPはGMO導入一辺倒だったので、
見ても無視していたのですが、対話チャネルが広がったのか
最近論調が変わってきたようなので、紹介します。
国立環境研究所が、外見で区別できる組み換え植物を作って野外での影響を
調べる研究をしていたことを記事にしています。
(今月9日に公表された「重点特別研究プロジェクト等中間報告書」)
国立環境研究所の方方の研究成果があってのことなのですが、
ようやく生態影響を含めた科学的議論になってきたように感じています。

松永和紀のアグリ話●外見で遺伝子組み換えが分かれば対話は進む?
http://biotech.nikkeibp.co.jp/fs/kiji.jsp?kiji=122
「重点特別研究プロジェクト等中間報告書」
http://www.nies.go.jp/whatsnew/2004/20040409.html
「生物多様性の減少機構の解明と保全プロジェクト」
http://www.nies.go.jp/biodiversity/index.html

このエントリーをはてなブックマークに追加
添付: