NOEMBLEM/エンブレムが設定されていません。

メールの詳細(メール表示)

件名:

人工赤血球による脳卒中等の治療

差出人: さん "Yusuke Yatsu"<page-one…>
送信日時 2004/05/16 17:35
ML.NO [medicalscience:1590]
本文:

皆さんこんにちは。谷津@管理人です。

まずは竹中@札幌さん、参考書をお教えいただき
ありがとうございました。興味のある分野ですので、
さっそく書店でチェックしてみたいと思います。
読み終わったら感想等を流そうかと思います。

さて、今回は産学共同関連のニュースということで、
東海大とテルモが開発した新技術について投稿いたします。
テルモといえば医療機器等で有名な企業ですね。
そのテルモが医療関連の研究をするのは極々自然な感じですが、
今後は思わぬ企業が思わぬ形で行っている医療や
環境関連の研究を取り上げられたらと思います。

****************

東海大医学部の川口章助教授とテルモの研究グループは、
人工赤血球を脳梗塞などの治療に利用する新手法を
開発した。

人工赤血球は血液の代替用に研究されているが、
今回は三大成人病の治療を視野に入れて研究された。

人工赤血球はヘモグロビンを脂質の膜で覆った
直径200nmほどの球体で、大きさが赤血球の25分の1程度。
そのため梗塞などで狭くなった血管のわずかなすき間も
通り抜け、酸素を届けやすい。

人工的に脳梗塞状態にしたネズミを用いた実験で、
体重の1%相当の人工赤血球を投与。1日後に脳にむくみが
できる浮腫の発生量が非投与の個体に比べ約4割少なかった。
これはより多くの酸素を供給できたためと見られる。

また心筋梗塞についても、ネズミの動脈をふさいで人工赤血球を
投与、しばらくして動脈を元に戻す実験をした。非投与の場合
心臓が送り出す血液量はふさぐ前の65%程度にしか回復
しなかったが、投与した場合は90%程度まで回復。
梗塞中に人工赤血球が酸素を多く運ぶことで、
心筋を保護していたためと思われる。

また、がんの放射線治療はがん細胞が酸素を多く含むほど
効果が期待できるため、この人工赤血球を利用することで
放射線治療の効果を高めることが期待される。

****************

谷津裕介
page-one@…


このエントリーをはてなブックマークに追加
添付:

このメールには下記のメールが返信されています: