NOEMBLEM/エンブレムが設定されていません。

メールの詳細(メール表示)

件名:

食と重金属 〜糞尿、生ゴミの有効利用〜

差出人: nさん "pingoo"<pingoo…>
送信日時 2004/05/23 21:14
ML.NO [medicalscience:1604]
本文:

谷津さん、みなさん

在原です。

以下のサイトに、ヒトの重金属の排泄による、食品から糞尿への重金属の濃縮の
紹介がありました。ヒトの糞尿をもとにした堆肥を農地に戻すと、農地での重金属の
蓄積がおこります。現在すでに、濃度基準値をオーバーしているので利用されて
いないそうです。
このことから、生ゴミをディスポーサーで粉砕して、下水に流し糞尿と一緒にする
のはよくないと述べています。

改善方向として、
1)生ゴミを混ぜ、重金属濃度を下げ、基準値上利用できる濃度にする。
2)生ゴミだけを回収するルートを設け、堆肥化する。
3)メタン発酵などで、エネルギーを回収し、液状にしたあと、重金属を除去し、
  液肥として、利用する。

があります。
1)は本質的な解決方法ではありません。
2)の場合、水分が少ないので、処理が効率的ですが、新たに配送システム
(ロジスティクス)を作る必要がでてきて、コスト(費用、エネルギー)が
かかります。糞尿は利用できないままです。
3)の場合、生ゴミを一緒にすることも可能です。下水処理場に嫌気メタン発酵処理
施設を設置することが前提になりますが、2)よりは投資が一過性なので経済性
では勝るように思われます。薄められたものを扱うコスト増大分など、
本格的に考えるなら、きちんと試算すべきですが。
重金属を生物的に除去する研究は20年ぐらい前から研究されているようですが、
実用化されたものは聞いていません。環境、衛生影響評価が具体化している今日、
技術が導入される前提が整いつつあるかと思います。

---------------------------------------------------------------------------
地域雑誌「新川時論21」第13号の紹介
(1996年秋から、富山県東部、おおむね常願川以東を対象として、地域雑誌「新川時
論21」
を発行してきました。2001年秋、第21号をもって終刊となりました。)

― 奇妙な「実証試験」 ―
魚津市東城地区のディスポーザー問題を考える
加藤 輝隆(富山医科薬科大学公衆衛生)
http://kyonc.cool.ne.jp/jiron/JIRON13.HTM

このエントリーをはてなブックマークに追加
添付:

このメールには下記のメールが返信されています: