NOEMBLEM/エンブレムが設定されていません。

メールの詳細(トピック表示)

教えてください。

投稿者: さん  2004/05/26 13:54  MLNo.1608   [メール表示]

会員の皆さん、今日は!。佐々木保代・浜松@医療従事者です。

今日は血液疾患?について教えて頂きたいのですが、何方か解説して頂けるとありがたいです。
質問:血小板減少症について、私は骨髄疾患であるなら血球全体が一様に減少して良いと思うのですが、血小板が選択的に減少する仕組みが良く判りません。宜しくお願いします。

****************************
〒433-8121
静岡県浜松市萩丘5-15-20
佐々木マッサージ/佐々木保代
TEL&FAX:053-472-8126
http://www.sasaki-massaji.jp
****************************


このエントリーをはてなブックマークに追加


  • MLNo.1609   さん  (0) 2004/06/01 23:31  [メール表示する]
    佐々木さん、皆さんこんばんは。谷津@管理人です。
    遅ればせながらレスをさせていただきます。

    血小板減少症というものがあるのは始めて知りました。
    少し調べてみたのですが、自己免疫性疾患というべきものの
    ようです。血小板に対して抗体が生産されて起こる種類の
    血小板減少症がありました。
    http://www.city.naze.kagoshima.jp/HouseCall/encyc/123/152/123_0_0_0.html

    > 会員の皆さん、今日は!。佐々木保代・浜松@医療従事者です。
    >
    > 今日は血液疾患?について教えて頂きたいのですが、何方か解説して頂けるとあり
    がたいです。
    > 質問:血小板減少症について、私は骨髄疾患であるなら血球全体が一様に減少して
    良いと思うのですが、血小板が選択的に減少する仕組みが良く判りません。宜しくお
    願いします。

    あまり詳細な情報が得られず恐縮です。
    どなたかの補足をお待ちしております。

    それではみなさん、おやすみなさい。
    明日も充実した一日にいたしましょう!

    −−
    谷津裕介
    page-one@…



  • MLNo.1610   akiraさん  (0) 2004/06/02 10:08  [メール表示する]
    こんにちは。
    大阪府立母子保健総合医療センタ−研究所の鈴木です。

    私は血液の専門家ではないのですが、佐々木様が質問されている血小板減少症について、
    手元にあった古い教科書を調べてみました。

    谷津@管理人様が示された特発性血小板減小性紫斑病(ITP)や血栓性血小板減少性
    紫斑病(TTP)の他に、血小板膜の糖タンパクの欠如により血小板数は正常なのに
    血小板凝集に異常がある「血小板無力症」というのがあります。

    私の持っている教科書は古いので、詳しくは「血小板無力症(thrombasthenia)」や
    「ベルナール・スーリエ症候群」、「グランツマン血小板無力症」という言葉でネット
    検索してみてください。

    では、失礼します〜

    =============================
     鈴 木 朗  Akira_Suzuki
     asuzuki@…
    =============================


  • MLNo.1611   さん  (0) 2004/06/02 10:50  [メール表示する]
    こんにちは。
    昭和薬大の高田といいます。



    血小板減少症の原因は骨髄にだけあるわけではありません。

    骨髄で生まれた幹細胞が血小板に分化してゆく途中で、トロンボポエチンという
    タンパクが関わっていますが、このタンパクの産生調節がうまくいかなくなっても
    血小板数は低下します。

    また、末梢で血小板を消費する病巣(多くの場合血栓を伴う)がある場合でも
    血小板数は減少します。

    ですから、血小板の他の血球数が変わらなくても血小板数だけが減少することが
    起こるのです。



    **********************************
    昭和薬科大学 公衆衛生学研究室
        高 田 公 彦
    194-8543 町田市東玉川学園3-3165
    TEL/FAX: 042-721-1562
    E-mail: takada@…
    **********************************



  • MLNo.1612   さん  (0) 2004/06/02 11:20  [メール表示する]
    昭和薬大の高田です。

    補足です。


    トロンボポエチンは肝臓で産生されます。

    ですから、肝硬変などの重い肝臓障害がある場合、
    トロンボポエチンの産生は低下するので、血小板数は減少します。






メールへの返信はMLのメンバーしかできません。