NOEMBLEM/エンブレムが設定されていません。

メールの詳細(メール表示)

件名:

Re: Nuroscienceのラボ

差出人: theclaさん "Nakazato T."<takeru…>
送信日時 2004/09/07 00:06
ML.NO [medicalscience:1650]
本文:

なかざと です。
ごぶさたです。

ちゃちゃです。


> MLの皆様こんにちは。Nuroscienceに関してですが、research themeとして
> 統合失調症の研究でアメリカで著明な研究者を御存じないでしょうか?
>
> Clinicalなものより、むしろEric Kandelのような基礎医学のPublicationの
> ラボを考えてください。
> Publishのレベルとしては、CNS〜PNASあたりまで、Clinical方面ならLANCETを
> 考えてもらえば結構です。
>
> research themeでオリジナリティのあるラボなら他の方面でも結構です。
> 精神疾患関連ならなおOKです。


そこまでわかっているのなら、
・PubMed で調べるとか、
・あたった文献のReferenceを見るとか
・Googleで探してみるとか
・学会の abstract をあたるとか
・日本にいらっしゃるなら、日本語の雑誌(細胞工学、実験医学、蛋白質核酸酵
素)に載っているレビューのReferenceを見るとか
やられた方がいいかと思いますが。

釈迦に説法かとは思いますが、統合失調症などの technical terms の訳がわ
からなければ、
WebLSD: http://lsd.bioscinet.org/ja/service/weblsd/index.html
あたりで翻訳されるといいかと思います。

なんだか、「夏休みの宿題でこういうのが出たので答えを教えてください」と
いうのに似たようなにおいを感じたので。
ここで教えては(私は教えられるほどのつては持ち合わせていませんが)、本
人のためにならないし、それに、MLという公の場ですから、何より他のメンバー
のためにもならないような気がしたもので。
せめて、目的とか、そのあたりを書いていただけるといいのですが。

でしゃばってすみません。


---

ξ
■P Takeru Nakazato
takeru@…

医科学・分子生物学の集い・web
http://www.haide.net/~chalk/medsci/

このエントリーをはてなブックマークに追加
添付:

このメールは下記のメールに対する返信です: