NOEMBLEM/エンブレムが設定されていません。

メールの詳細(メール表示)

件名:

アメリカへ留学を考慮中の大学院の皆さんへ

差出人: masako49…さん
送信日時 2004/10/13 20:41
ML.NO [medicalscience:1660]
本文:

小西です。アメリカやイギリス、カナダ等へPD留学等を御検討の皆さんは
publicationはもとより、Scientific American等はScience関連書籍は、原著で
読破される事をお勧めします。

英語のスキルもディスカッション時には勿論ですが問われる事もあります。ラボ
テクでも専門だけでOKというのは周囲に日本人がいる場合のみで周囲がすべて日
本国籍以外ですと全て英語で細かいところまで意思疎通しなければなりません。
私の周囲には日本人がいませんのでその点がかなり気になりました。周囲に日本
人が0に等しいと日本語を忘れるくらいです。

加えて、アメリカのファカルティは駄目だとはっきり厳しい指摘が入ります。そ
の辺で鍛えられる事は確かですが、自分がある程度主張もないとファカルティに
押されっぱなしですので向こうが納得するだけの理論的な反論ができる人が必要
とされる場合もありますし、その反対もあります。ファカルティにただ反抗する
だけでは使ってもらえませんし、その辺りの兼ね合いはそのファカルティのニー
ズにどれだけマッチしているかが重要になります。
今後のための参考になればと思い少しコメントさせていただきました。それでは
失礼致します。

Masako Konishi
Columbia University

このエントリーをはてなブックマークに追加
添付:

このメールには下記のメールが返信されています: