NOEMBLEM/エンブレムが設定されていません。

メールの詳細(メール表示)

件名:

Society for Nuroscience

差出人: masako49…さん
送信日時 2004/10/29 18:19
ML.NO [medicalscience:1664]
本文:

小西です。

Society for Nuroscienceに参加しましたので参考まで報告します。
面白いテーマで、Nuroethicsという分野の発表がありました。
Harvardのものも目につきましたが、これは
Washington Medの先生より真面目な発表でした。
ADHDのPatientの子供へのDiagnosisの際のEthical issueに関してdiscussされて
いました。
Nuroethicsというのは、学際分野なのでしょうか?

あとはメジャーなものでMITの先生がオーラルでCaに関する発表をしていました
が、質問が結構出ており白熱していました。

あとはここまでできるのかと感心したものでUndergraduateの学生の発表で
Pennsylvania大のものがありました。Anxiety Depressionに関係する研究で
す。

学会とは直接関係ありませんが、最近私が個人的に調べているもので
精神疾患に関してでは、
OCDとAnxiety Depressionに関する論文でpubmed検索してみると面白いものが出
てきました。私が調べているOCD はDSM−IV−TRの診断基準のほうだけでICDのほ
うまではまだ手が及んでいません。この辺りは早い研究者は昨年から日本でも
続々publicationが出ています。2004年のもので目についたものはUCSFの
ものでThe Structure of obssesionality among young adults-Mathews CA,
JangKL,Hami S,SteinMB.Depress Anxiety.2004:20(2):77-85等です。
ですが、これはあくまでもわたくし個人の見解です。
 
IFはあまり高くありませんがいくつかあります。このあたりの研究は
精神疾患関連では新しい研究なのでしょうか?
この辺りについては、治療と研究をされている臨床家の研究者におききしてみな
いとわかりません。

まとまりがありませんが、少し報告まで。
小西@アメリカ

このエントリーをはてなブックマークに追加
添付: