NOEMBLEM/エンブレムが設定されていません。

メールの詳細(メール表示)

件名:

12/9 アップルソリューションセミナー@ホテルゴーフル神戸

差出人: theclaさん <takeru…>
送信日時 2004/11/12 16:07
ML.NO [medicalscience:1668]
本文:

なかざと@副管理人・再び です。

すみません。本当は、こっちを流すのを頼まれたんだった。

来月、神戸で分子生物学会がありますが、その際に、アップル(Macintoshとか
iPodの)のライフサイエンスへの取り組み、みたいなのが聞けるので、どうぞ
お集まりください、だそうです。
一般に実験する人にとっては、たとえば、BLASTとか、マイクロアレイ解析
みたいな大量のデータを用いている人には、いい話だと思います。
(将来的におつきあいをはじめるのもよいでしょう)

ただ、はっきり言えば、アップルは、この分野に関しては素人で、
実験系の人が何を求めているのか、みたいなのが、わからない
(模索している)ところもあるので、そのあたりのsuggestionをしてあげると
向こうも喜ぶかと思います。



[infobiologist 00870] 12/9 アップルソリューションセミナー@ホテルゴーフル神戸
2004/11/10(水)19:25 - NAKAMURA Yasukazu

なかむら@かずさです。

同じ内容を複数通受け取られるかたにお詫びいたします。

分子生物学会年会二日目の 12/9(木) に開催されるアップル社のセミナーでトー
クしますので、ご案内をお送りします。

「XServeによるクラスタ」と「セットで提供される生物学解析用統合環境」で
あるApple Workgroup Cluster for Bioinformaticsの紹介が基調となるセミナー
のようです。

...にもかかわらず、私はいつものように手元のMacで「タダ」でがんばるソ
リューション(?)を紹介し、そのヨシアシを製品と対比させてみるという、イ
ササカ主催者に挑戦的な内容で行きます。ので、「私の人生にはPCクラスタと
か関係しませんが」と思っている実験生物学者のみなさんにもお役にたつ部分
があると思います。どうぞ。

参加は無料ですが、事前予約が必要です。

http://www.event21.ne.jp/apple/bio/

// 会場での抽選により一名様にiPodプレゼント! なんてのがあればすんごい
// 勢いで集まりそうですが、そーゆーことは書いてありませんな :)


中村 保一 NAKAMURA Yasukazu, Dr. http://www.kazusa.or.jp/%7Eyn/jp/

// かずさDNA研究所 植物遺伝子研究部 植物遺伝子第一研究室
// 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 情報生命科学専攻 先端ゲノム学
// 〒292-0818 木更津市かずさ鎌足 2-6-7 電話・電紙 0438-52-3907


----------------------------------------------------------------------
バイオ研究に活用するアップルソリューションセミナー

 アップルコンピュータでは来る「第27回日本分子生物学会年会:12月 8日
(水)〜11日(土)」の開催に合わせまして「バイオ研究に活用するアップル
ソリューション」と題するセミナーを12月9日(木)ホテルゴーフル神戸にて
開催致します。是非、この機会にご参加くださいますようお願いいたします。

 また、日本分子生物学会年会の附設展示会場(神戸国際展示場)において、
アップルコンピュータの製品展示を行いますので合わせてご案内させて頂きま
す。ご多忙中かと存じますが、万障お繰り合わせの上、ご来場賜りますようお
待ち申し上げます。

■日時
2004年12月 9日(木) 16:00〜17:30
  ※13:30より受付を開始いたします。
  受付の際は、受講票とお名刺をお持ちください。

■会場
ホテルゴーフル神戸 5階カスティーリァホール
  http://www.kce-kobe.co.jp/
  〒650-0046 神戸市中央区港島中町6-1
  TEL.078-303-5555
  三宮からポートライナーで約10分。「市民広場駅」下車北、徒歩5分。
  又は神戸リムジンバスで約10分。「ポートアイランド」で下車南徒歩3分。
  ※神戸国際展示場からは、徒歩7分程度。

■定員
100名

■受講料
無料

■お申し込み方法
Web(http://www.event21.ne.jp/apple/bio/)による事前予約制

■概要
16:00 〜 16:30
Apple Workgroup Cluster for Bioinformaticsの紹介
 ―アップルコンピュータ株式会社

 バイオ研究者がIT部門からの特別なサポートなしに、演算クラスタを構築し、
使用し、管理することを可能にするXserve G5のターンキークラスタソリュー
ション、Apple Workgroup Cluster for Bioinformatics を紹介します。200以
上のバイオインフォマティクス用アプリケーション、G5プロセッサによる高速
演算能力、簡単な運用管理が研究を強力にサポートします。

16:30 〜 17:00
システム生物学研究におけるXserveを利用したソフトウェア開発と実行
 ―慶應義塾大学先端生命科学研究所 内藤泰宏 氏、荒川和晴 氏

 システム生物学は、膨大な生物学データから細胞、あるいは個体の全貌を把
握しようとする領域です。そこでは、膨大な計算量、記憶容量、そして情報科
学者 と生命科学者のコラボレーションが求められます。私たちの研究室では、
Xserveの仕様、価格設定と優れたインターフェイス、ソフトウェアがこうした
要求に沿うと期待し、今年度より小規模のXserveクラスタを導入しました。今
回は、ユーザの立場からその使い勝手についてお話しさせていただきます。

17:00 〜 17:30
Macをバイオ研究にどう使うか
 ―かずさDNA研究所 中村 保一 氏

 Mac OS XをUnix OSとして活用すれば、分子生物学研究に役立つ多くの無償
ソフトウェアが使える。アップル社の提供する統合された解析環境はすばらし
いが、このトークでは自前でもここまでできる」を実際の使用環境などをまじ
えて紹介します。また、これをふまえて、統合化された手法と自前の環境を比
較しながら、「できること・できないこと」「メリット・デメリット」を解説
します。

■主催
アップルコンピュータ株式会社

■お問い合せ先
アップルコンピュータ株式会社 営業本部
・電話番号:03-5334-2420
・お問い合わせ時間:10:00-17:30(土・日・祝祭日を除く)
----------------------------------------------------------------------


なかざと

このエントリーをはてなブックマークに追加
添付: