NOEMBLEM/エンブレムが設定されていません。

メールの詳細(メール表示)

件名:

Re: あけましておめでとうございます 抗体検査の動向

差出人: nさん "alba"<pingoo…>
送信日時 2006/01/03 05:15
ML.NO [medicalscience:1689]
本文:

訂正します。
> 急性であれば問題なく抗原も抗体もみつかるのでしょう。
> アメリカトリパノソーマのように初期の症状を耐え慢性症化して
> ウイルス等が変異した場合や、アフリカトリパノノソーマのように
> ウイルス抗原等が変異して免疫をすりぬけやすいものは注意が
> 必要なのでしょう。
> (トリパノソーマの原因は原虫なのか原虫が持つウイルスなのか
>  よく知りません。)
> あとはタフミルなど巧妙化、国際化する生化学犯罪への対応だと
> 思います。
タフミルはタリウムの間違いでした、すみません。
(ただ、茨城のトリインフルエンザはバイオ犯罪ではないかということを
 言っていた養鶏関係者の方もいたような話もあったので、よくわかりません。
 タフミル等、薬の審査も、今回のような緊急を要する感染症対応で、
 海外のものを日本人での臨床試験を経由せずに適用する場合、
 民族差で副作用が強くでることなど心配な部分もあったかと思います。
 国内での計画的なとりくみも必要とされていると思います。)

 −以上− 2006.1.3 在原 俊行

このエントリーをはてなブックマークに追加
添付:

このメールは下記のメールに対する返信です: