NOEMBLEM/エンブレムが設定されていません。

メールの詳細(トピック表示)

免疫伝達因子トランスファーファクター

投稿者:nさん  2006/04/13 14:47  MLNo.1690   [メール表示]

medicalScienceML各位

免疫伝達因子トランスファーファクター

私は関係者ではありませんが、以下のようなサイトがあります。
http://www.kenbijin.com/transfer-factor.htm
http://www.transferfactorinstitute.com/jp/FAQ/index.html
http://www.digiplan.co.jp/live/tf-benet.html
http://www.digiplan.co.jp/live/about-tf/tf-meneki-gaku.html
http://www.digiplan.co.jp/live/about-tf/tf-grobrin.html

最近の医学校ではこのようなことを教育しているでしょうか?
しているとすればどのような内容でしょうか?
このサイトと同等でしょうか、違いがあるでしょうか?
または教育する予定があるでしょうか?

母乳の物質面での重要性が再認識されることかと思います。
しかし、
場合によっては過剰アレルギー情報の伝達になる可能性も
あるのでしょうか?それとも正常化に寄与するでしょうか?
免疫寛容情報も伝達するのでしょうか?
生殖における免疫寛容に関する研究などと並行していけると
よいかと思います。

単に母乳、親の免疫経験等の見直しになればいいですが、
人間による免疫伝達物質のコントロールは有効に働く部分と、
体細胞遺伝の標準化による多様性の喪失の面、
人為ミス、犯罪行為の生命情報伝達系への介入の可能性なども
含めて考えなければならないのでしょう。

各位のご意見、研究事例のご紹介などいただければ幸いです。

ー以上ー  2006.4.13 在原 俊行

ー以上ー          2006.4.13 在原 俊行


このエントリーをはてなブックマークに追加

メールへの返信はMLのメンバーしかできません。