NOEMBLEM/エンブレムが設定されていません。

メールの詳細(トピック表示)

Fw: 日本バイオインフォマティクス学会(JSBi) 機能ゲノミクス研究会 第一回研究会/ゲノム情報利用ワークショップ2007「ゲノムアノテーションとWebサービス」

投稿者:theclaさん  2007/01/24 15:06  MLNo.1696   [メール表示]

なかざと@副管理人です。

ごぶさたです。。。

今度、かずさアーク(かずさDNA研究所のとなり)で、
ゲノムなどを扱う際に出る大量のデータや、機能未知のような
データをどう処理して解析するかについて、セミナーが
行われます。

かずさ、と言えば、ミヤコグサなど、植物ゲノム解読や
アノテーション(機能づけ)の聖地です。

日ごろからこういう解析を行っている人が来ますので、
せっかくの機会ですから、ぜひとも参加して、質問攻めにして
ください。
(私も行きます)

2日間ですが、1日だけでもいいですし、
登録のリミットを過ぎてからの参加でもよいかと思います。
(一報はいれておくとよいかもしれませんが)
↑なーんてこというと、怒られるか。。。

案内のメールを転送します。



-----
ぼうのう@埼玉医科大学ゲノム医学研究センターです。

我々は今年度より日本バイオインフォマティクス学会(JSBi)の
新たな研究会として「機能ゲノミクス研究会」を立ち上げました。
http://www.jsbi.org/jsbi_new/kenkyukai/genomics.html
その第一回目の研究会をこの度開催いたします。
かずさDNA研究所中村さんの御厚意によりかずさDNA研究所が
前世紀から主催してきた「ゲノム情報利用ワークショップ」
http://www.kazusa.or.jp/workshop/genome2005/
http://www.kazusa.or.jp/ja/plant/bioinfo99/
と共同で開催いたします。

日時:2月1日(木)13:00〜2月2日(金)16:00
場所:かずさアカデミアパーク

今年度のテーマは「ゲノムアノテーションとWebサービス」で
その分野で活躍されている人を中心に話をしていただき、
機能ゲノミクス研究会が目指すところの、ゲノムスケールでの
機能解析技術の「開発」と「利用」にかかわっている実際に手を
動かして研究している人たちによる生の声を共有でき、研究者
同士が「オフラインに」広く交流する場を実現したいと思って
います。詳細はワークショップのウェブページ
http://www.kazusa.or.jp/workshop/genome2007/
をごらん下さい(ページ右下の方に注目!)。なお今回は前回と
異なり初心者向けのチュートリアルはありません。ご注意下さい。
皆さんの多数の参加をお待ちしております。かずさにてお会い
いたしましょう。

ぼうのう
--
Dr Hidemasa Bono <http://bonohu.jp/>
Associate Professor, Saitama Medical University
Research Center for Genomic Medicine
<http://www.saitama-med.ac.jp/genome/>


このエントリーをはてなブックマークに追加

メールへの返信はMLのメンバーしかできません。