NOEMBLEM/エンブレムが設定されていません。

メールの詳細(トピック表示)

Fwd: ゲノム成果公開シンポジウム(2/11,12・東京)のご案内

投稿者:"bonohu"さん  2010/02/05 11:22  MLNo.1724   [メール表示]

各位、

(私は関係者じゃないのですが…)
特定領域研究「ゲノム」の研究成果公開シンポジウムが
2月11,12日に東京国際フォーラムで開かれるそうです。
参考まで。

ぼうのう


---------- 転送メッセージ ----------
From: ゲノム特定領域事務局 <secretariat@…>
日付: 2010年1月13日18:47
件名: ゲノム成果公開シンポジウム(2/11,12・東京)のご案内
To: bono@…


各位

文部科学省科学研究費特定領域研究「ゲノム」は、
平成22年3月で5年間のプロジェクトが終了いたします。
そこで、5年間の研究成果公開シンポジウムを
2月11日(祝・木),12日(金)に東京国際フォーラムにて開催致します。

以下にシンポジウムの概要をお知らせ致しますので、
ご都合がよろしければぜひお越しいただきたく、
どうぞよろしくお願い申し上げます。

特定領域研究「ゲノム」事務局

<シンポジウムに関する問合せ先>
ゲノム特定成果公開シンポジウム事務局
((株)エー・イー企画 内)
E-mail: genome4@…

---------------------------------------------------------

特定領域研究「ゲノム」4領域 成果公開シンポジウム
「ゲノム研究最前線 −ゲノム科学がもたらす生命の新たな理解−」

◇日時:2010年2月11日(祝・木)〜12日(金)
◇場所:東京国際フォーラム ホールD-7
(東京都千代田区丸の内3-5-1)

≪2/11(木)≫
(9:30 開場)
10:00〜10:05 開会挨拶
10:05〜10:10 挨拶(文部科学省)
10:10〜10:45 基調講演
堀田 凱樹(情報・システム研究機構)
『半世紀毎におきる生命科学の大革命 〜 次に来るものは?』

●セッション1「新技術がもたらすゲノム科学の新たな潮流」
10:45〜11:20
上田 泰己(理化学研究所)
『細胞内・細胞間の遺伝子ネットワークを理解する』
11:20〜11:55
伊藤 隆司(東京大学)
『先端計測分析機器で探るゲノムの働き方:定量オーミクスへの挑戦』
11:55〜12:30
服部 正平(東京大学)
『腸内細菌叢メタゲノム解析 −腸内環境生命システム研究への展開−』
12:30〜13:30 休憩

●セッション2「ゲノムから微生物を理解し医学や産業に応用する」
13:30〜14:05
津田 雅孝(東北大学)
『土壌での微生物の生きざまをゲノムから見る』
14:05〜14:40
五味 勝也(東北大学)
『麹菌のゲノム情報を活用した有用タンパク質の高生産』
14:40〜15:15
林 哲也(宮崎大学)
『病原性大腸菌のゲノム研究:進化・多様化メカニズムと研究成果の
社会への還元』
15:15〜15:30 休憩

●セッション3「ゲノムから進化、発生を理解する」
15:30〜16:05
武田 洋幸(東京大学)
『メダカの研究から発生、進化、病気のメカニズムを理解する』
16:05〜16:40
岩部 直之(京都大学)
『立襟鞭毛虫のゲノム情報から動物の多細胞化を探る』
16:40〜17:15
城石 俊彦(国立遺伝学研究所)
『マウス亜種間ゲノム分化を利用した複合形質の遺伝解剖』

≪2/12(金)≫
(9:30 開場)
●セッション4「ゲノムを医学に役立てる」
10:10〜10:45
辻 省次(東京大学)
『神経疾患のゲノム医療の実現を目指して』
10:45〜11:20
井ノ上 逸朗(東海大学)
『脳動脈瘤遺伝子解析から学んだ今後のゲノム医科学』
11:20〜11:55
徳永 勝士(東京大学)
『ゲノム全域から疾患遺伝子を見つけ出す』
11:55〜13:00 休憩

●セッション5「インフォマティクスの新展開」
13:00〜13:35
森下 真一(東京大学)
『DNAはどのように折りたたまれているのか?
−進化と機能のあたらしい理解へ― 』
13:35〜14:10
有田 正規(東京大学)
『Wikiによるデータベースと研究成果の発信』
14:10〜14:45
榊原 康文(慶應義塾大学)
『多生物種のゲノムを高速に比較する並列システムの開発』
14:45〜15:00 休憩

●パネル討論「これからのゲノム研究」
15:00〜17:00
司会:高木 利久(東京大学)
パネリスト:
漆原 秀子(筑波大学)
黒川 顕(東京工業大学)
鈴木 穣(東京大学)
野口 恵美子(筑波大学)
長谷部 光泰(基礎生物学研究所)


◇お申込方法
要事前参加登録(参加費無料)
参加登録URL: http://www.aeplan.co.jp/genome4sympo/
参加登録締切: 2月10日(水)正午
※席に余裕があれば当日入場いただけます

◇問合せ先
ゲノム特定成果公開シンポジウム事務局
((株)エー・イー企画 内)
E-mail: genome4@…

ゲノム特定領域/開催予定イベント一覧
https://www.genome-sci.jp/modules/g4_events/

--------------------------------------------------------






--
Hidemasa Bono, Ph.D, Project Associate Professor
Database Center for Life Science (DBCLS)
Research Organization of Information and Systems


このエントリーをはてなブックマークに追加

メールへの返信はMLのメンバーしかできません。