NOEMBLEM/エンブレムが設定されていません。

メールの詳細(メール表示)

件名:

カトマンズ在住の方へ 講話サロンのご案内

差出人: さん "Ryohei Takatsu"<rtakatsu…>
送信日時 2002/10/23 00:11
ML.NO [nepal-anzen:0026]
本文:

皆様ナマステ!

カトマンズで行われる講話サロンのご案内をします。この時期カトマンズにいられ
る方は是非どうぞ。貴重なお話を伺えると思います。お話の後、軽食と飲み物が出
ます。会費は500ルピーです。(重複して受信された方、ごめんなさい。)

      記

第三回 カトマンズ講話サロン

1.日時   :2002年10月25日(金) 18:00〜20:00

2.場所   :ホテルヒマラヤ シャレー

3.講師   :親子 タマン(ちかこ たまん)氏

4.講話テーマ:「農村生活で培った癒しのある生活感」

5.講話者紹介:

秋田県横手市生れ。

1974年、日本での農業研修の為に1年間青森県へ滞在していたクリシュナ・バ
ハドゥール・タマン氏と知り合い76年にネパールへ。以後、カブレ郡にある海抜
約1,200mのアネコット村にて25人の家族と共に農業に従事する。近年では
約4haずつの畑と田圃にて果物、野菜、米などを栽培しながら暮らす。ジャグ
リ、ダミなどと呼ばれる村の祈祷師には現代の心のケア「癒し」に通ずるものがあ
ると話す。約26年間の暮らしの中で感じた生活感と、ネパールの農村に今も残る
相互扶助の役割について伺います。


主催 日本人会
協賛 ホテルヒマラヤ
   大成建設株式会社

このエントリーをはてなブックマークに追加
添付: