NOEMBLEM/エンブレムが設定されていません。

メールの詳細(メール表示)

件名:

大使館からのお知らせ(マオイストによるバンダ)

差出人: さん "Ryohei Takatsu"<rtakatsu…>
送信日時 2004/04/29 09:28
ML.NO [nepal-anzen:0055]
本文:

大使館からのお知らせ

4月26日

マオイストによるバンダ(ゼネスト)等の実施について

1.マオイストは、5月18日から20日までの3日間のバンダを含む、各種抗議
活動を4月22日から行うことを発表いたしました。抗議活動の内容は以下のとお
りです。

(1)4月22日〜5月1日
  共和制樹立に向け、松明行進、国王及び皇太子の人形を焼く、風刺劇の上演等
による宣伝活動を行う。

(2)5月2日〜5月9日
  過去に人権侵害を行ったとされる反民主主義政治家、官僚等及び反社会的構成
分子、王室関係者等に対する人民行動を行う。

(3)5月10日〜5月17日
  カトマンズ・バレーを含む全ての郡庁所在地への政府関係車両の立ち入りを阻
止するとともに、政府への全ての税金の支払いを拒否する運動を行う。

(4)5月18日〜5月20日
  交通機関、各種産業を含めた含めた全国規模のバンダ(ゼネスト)の実施。過
去、マオイストはバンダの実施に先立ち、爆弾事件を行う等、バンダ当日 に向け
て行動を過激化させてきました。今回、マオイストが発表した抗議活 動の内容か
ら見て、マオイストが過激な事件を行うことが予想されます。

2.また、4月1日から各政党が共同して行っている抗議活動では、警官隊との衝
突により多数の負傷者が出ているほか、活動参加者による道路封鎖、投石など暴力
行為が発生しています。政党による抗議活動は今後も継続すると思われるので、注
意が必要です。

3.従って、この期間中にネパールへの旅行を予定されている方及び在留邦人の方
は以下の点に留意して下さい。

(1)安全を確保することを最優先として、不測の事態に巻き込まれないためにマ
オイストの攻撃対象と考えられる政府関連施設及び軍・警察の関連施設 には近づ
かない。(具体的には、銃を持った兵士や警察官が警備している場 所は政府関連
施設である場合が多いので注意して下さい。)

(2)突発的にデモや集会等が開始されることがあるので、その際はすぐにその場
から離れる。また、群衆が集まっている場所や警察官が立ち入りを規制している場
所には、興味本位で近づかない。衝突に巻き込まれて、負傷する おそれがありま
す。

(3)新聞、テレビ報道及び大使館や旅行会社等から、最新の情報を入手するよう
に努める。

(問い合わせ先)
 ○ 在ネパール日本国大使館
   電話(代表):4426680
   メールアドレス:visajpa@…
 ○ 領事担当  98510−20−158,414
警備担当  98510−20−150

このエントリーをはてなブックマークに追加
添付: