NOEMBLEM/エンブレムが設定されていません。

メールの詳細(メール表示)

件名:

大使館からのお知らせ(バンダ) 5月10日発

差出人: さん "Ryohei Takatsu"<rtakatsu…>
送信日時 2004/05/11 09:02
ML.NO [nepal-anzen:0056]
本文:

大使館からのお知らせ

5月10日(04−18)

マオイストによるバンダ(ゼネスト)について

1.当国警察本部によれば、マオイスト(毛沢東主義反政府武装組織)の傘下団体
は6月1日に極西部(カンチャンプール郡、カイラリ郡)、中西部(バルディア
郡、バケ郡、ダン郡)において、2日及び10日から12日の間、ネパール全土に
おいてバンダ(ゼネスト)を行うことを発表しました。

2.バンダ期間中は、商店等が閉店したり、公共交通機関(国内線、国際線を除
く)が運行を停止するなど、日常生活や観光旅行に影響を及ぼします。従来、マオ
イストはバンダの実施に先立って、爆弾事件を行うなど徐々に活動を過激化させて
きました。3月から4月においては、カトマンズ市内でもマオイストによる事件
(小規模な爆弾事件)が発生しており、今後、過激な活動を行う可能性もあること
から、十分な注意が必要です。

3.また、4月1日以来、政党が共同して政府への抗議活動を実施しており、警官
隊と活動参加者との衝突事件により負傷者が多数出ている他、活動参加者が投石や
道路封鎖を行うなど、暴力的な行動を行っています。興味本位でこれらの場所に近
寄らないようにして下さい。

4.従って、この期間中にネパールへの渡航を予定されている方または在留邦人の
皆様は以下の点に留意して、安全の確保に努めて下さい。

(1)各種報道、大使館、旅行会社等から最新の情報を入手するように努める。

(2)マオイストの攻撃対象と考えられる政府や、軍・警察関連施設には近寄らな
い。通常、銃を持った兵士や警察官が警備している場所はこのような施設であるこ
とが多い。

(3)政党による抗議活動は、カトマンズ市中心部のラトナ・パーク、ニュー・
ロード、大学キャンパス周辺で行われているため、これらの地域への立ち入りには
十分注意する。また、群衆が集まっている場所、警察官が立ち入りや通行を規制し
ている場所には近づかない。

(4)デモや集会が突発的に行われることもあるので、そのような場合には、その
場からすぐに離れる。


(問い合わせ先)
 ○在ネパール日本国大使館
  電話:(977−1)ー4426680
  メールアドレス:visajpn@…
  領事担当:98510−20−158,414
  警備担当:98510−20−150
 ○ツーリストポリス(ネパール王国観光省所属)
  カトマンズ:(977−1)−4247041
  ポカラ:(977−61)−521087,520241

このエントリーをはてなブックマークに追加
添付: