NOEMBLEM/エンブレムが設定されていません。

メールの詳細(メール表示)

件名:

大使館情報

差出人: さん "Ryohei Takatsu"<rtakatsu…>
送信日時 2004/08/27 08:15
ML.NO [nepal-anzen:0059]
本文:

大使館からのお知らせ
8月26日(04−31)

マイオストによる道路封鎖の中止及び野党による抗議運動の再開

1.8月12日、20日付けのスポット情報でお知らせしました、マオイストによるカトマンズ盆地周辺の道路
封鎖は、25日を持って一旦中止されました。これは24日にマオイストが発表したもので、中止の理由として
市民団体、人権団体、産業界等からの要請に応えるためとしています。ただし、同時にマオイストの要求が満た
されなければ、1ヶ月後には新たな闘争を行う、と発表しています。

2.24日、野党4党は8月27日から9月3日までの間、カトマンズ市内で政府への抗議活動を行うことを発
表しました。これは、6月下旬に一旦中止した運動を再開するものです。4月から6月までの活動期間中、活動
参加者と警官隊との衝突、活動参加者が通行人に投石、観光客の乗ったバスが襲われるなどの事件が発生しまし
た。
  発表によれば、抗議活動の内容は以下のとおりです。

  8月27日  カトマンズ市中心部で反動勢力を象徴する人形を燃やす、デモ行進の実施
  8月28日  カトマンズ市内での松明行進
  8月31日、9月1日  学生、青年と合同してのデモ行進
  9月3日   カトマンズ市中心部での大規模な抗議活動

  従って、この期間中、市内では抗議活動に伴う交通規制等が行われる可能性があり、市内の移動、観光等に
大きな影響が出るものと思われます。今回の活動がどの程度のものになるかは予測できませんが十分な注意が必
要です。

3.現在、ネパールでは政治情勢、マオイスト情勢は混沌としており、予断を許さない情勢が続いています。ネ
パールへの渡航を計画されている方及び在留邦人の皆様は、以下の点に留意して安全の確保に努めて下さい。

(1)最新の情報を報道、旅行会社、大使館から入手するように努める。
(2)集会や群衆が集まっている場所には、不用意に近づかない。
(3)警察官、軍兵士が立ち入り規制や交通規制をしている場所には近づかない。そのような場面を見たら、す
ぐにその場から離れる。

注:野党4党(コングレス党、人民戦線、労農党、友愛党)

問い合わせ先
在ネパール大使館  電話(代表)  4426680
          領事担当 98510―20―414,158
          警備担当 98510−20−150

このエントリーをはてなブックマークに追加
添付: