NOEMBLEM/エンブレムが設定されていません。

メールの詳細(メール表示)

件名:

米国からの情報など

差出人: さん "Ryohei Takatsu"<rtakatsu…>
送信日時 2004/10/28 12:29
ML.NO [nepal-anzen:0078]
本文:

ホームページにも掲載しましたが、、、

■米国が、ネパールへの渡航条件を緩和した。カトマンズにあるアメリカ文化センター
で、マオイストが爆弾を爆発させた直後から、米国政府は、ピースコー(平和部隊)を引
き揚げ、一部大使館員やその家族を帰国させていたが、26日、一部大使館員と家族がネ
パールへ戻ることを許可する決定を発表した。しかし、ピースコー活動の活動は依然とし
て中止されている。また一般の米国人に対しても、ネパールへの渡航を充分に検討するよ
う、注意を喚起している。

--------------------
以下、高津の文章
--------------------

28日までの武力行使停止が今日までとなっていますが、その後どうなるかは不透明な情
勢です。この間、戦闘や銃撃戦などの情報は報道されていません。ツアーやトレッキング
なども通常に行われているようです。この間、トレッキングに行かれた方の話しを聞きま
したが、時々マオイストに「入山料」を求められることがあったものの、特にトラブルは
なかったとのことです。ご参考までに。

高津@ビンティ
www.binti.net

このエントリーをはてなブックマークに追加
添付: