暮らしの実験室

メールの詳細(トピック表示)

■□やかまし村イベント「月見ル秋想フ」□■

投稿者:暮らしの実験室さん  2008/09/13 22:02  MLNo.10   [メール表示]

■□やかまし村イベント「月見ル秋想フ」□■

ふと見上げれば カスミ草のような星々と中秋の月。月の下には ススキがゆれるお供え物。秋風吹く耳もとには やかましいほどのコオロギ。 いつも見ているただの月なのに、今日みんなで見るこの月はナンカ違う。やかまし村で、忘れてしまいそうだった僕たちの大好きな秋を呼び戻す。

【やかまし村イベント詳細】

◇日時:9月20日(土)10:00上野駅集合〜21日(日)19:30上野駅解散
◇場所:茨城県やさと農場(常磐線石岡駅からバス20分)
◇募集人員:30名◇お金:合計8000円(宿泊3000円、シーツ代500円、一食500円×4食、その他経費2500円)
◇連絡先:9月イベント村長 遠山ひろし 09044280965 t-piroshi@… ※定員になり次第締め切らせ頂きます。お申し込みはお早めに ※遅刻早退の人は相談してくださいね。上記金額から引くことになります。
◇ボランティアスタッフ募集 イベントの食事作りスタッフを募集しています!参加費が割引になります。詳細はお問い合わせください。

【申込方法】

以下のURLからお申込。携帯からの申込も可能です♪申し込み締め切りは16日23:00ですよ。http://www.noisyvillage.org/sep/このURLから申し込みをしてくれた方に、持ち物や詳細をお送りしますね。

【月見ル秋想フ】

―の味覚を狩って秋想フ! やかまし村の近くの栗林には、イガイガの栗ちゃんがぼくたちに拾われるのを待っています! 農場の畑には、茎に覆われてホクホクのさつまいもちゃんが掘られるのを心待ちにしています! みんなで裸足になって畑に入り、顔を真っ赤にしてぐおーっと踏ん張ってさつまいもを掘れば、 なんとないいつもの秋も、いつもとは違う、なつかしい身近な秋へ大変身!

△供え物にこだわって月見ル! 秋の味覚を狩ったら、みんなでさっそく料理だー! しかし、ただの農作業体験じゃないやかまし村。昔の月見ってどんなのだったんだろう? 昔ながらのお月見を追求することで、「農とともに生きる」を五感で感じます! ススキを狩り、採ったばかりの栗とさつまいもと枝豆でいろんなお供え団子を作っちゃう。 そしたら、台の上にでっかいサトイモの葉っぱを広げ、茅で作った箸をおいて縁側に飾れば。 さあ、僕たちが忘れそうになっていた、日本の秋が!


このエントリーをはてなブックマークに追加

メールへの返信はMLのメンバーしかできません。

更新順メールリスト