暮らしの実験室

メールの詳細(トピック表示)

organicfarm 暮らしの実験室メルマガ vol.32 2011年08月24日発行

投稿者:姜咲知子/暮らしの実験室さん  2011/08/24 17:02  MLNo.35   [メール表示]

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 organicfarm 暮らしの実験室メルマガ vol.32 2011年08月24日発行

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●ごあいさつ

夕暮れになるとひぐらしの鳴き声に交じって秋の虫の声が聞こえる今日この頃、
皆様いかがお過ごしでしょうか?
久しぶりのメールマガジンとなってしまいましたが、
農場の暮らしは変わらず日々の営みがゆるやかな時間の流れ中で行われています。

先日、東京から来た男性が「ここは時間の流れが違うね」と言っていました。
そうかもしれません。誰かと比べられ、急いで成長しなければ、
良い成績を収めなければ、たくさん稼がなければ、勝たなければ、
といつも急かされれば1分1秒が惜しいと思うのでしょう。

私自身、東京暮らしの時には聞こえてこなかったけど
今は植物には植物の、動物には動物のリズムがあるような気がします。
それぞれ違うのだけど、そんな多様なリズムを身体に感じつつ、
自分のリズムを刻んで生きて行けたらと、そんなことを思います。(姜)

---------------------------------------------------------------------
◆Contents
1、セシウム問題について
2、9月のつくいち

---------------------------------------------------------------------
1、セシウム問題について 
---------------------------------------------------------------------
3・11から5か月以上たった現在、私たち有機農業者の関心は汚染された
土壌からどの程度農作物にセシウムが移行しているのかということです。

8月上旬、近隣の有機農家さんたちと集まって情報交換をしました。
その際に常総生協が調査した石岡市の土壌汚染の状況、野菜への移行係数と
実態を共有してもらいました。
結果から報告しますと、春から夏にかけて作られたほとんどの野菜で
セシウムは不検出ということでした。

もう少し詳しい内容をブログにも掲載しましたがこちらに転載します。

■石岡市の土壌汚染の現状は常総生協のデータが詳しい
 (出荷している石岡市の9軒の農家の畑一枚一枚について検査している)
 全体としては100〜300ベクレル/kgである。
 (農水省の作付け禁止の基準は5000ベクレル/kg)

■土壌から野菜への移行については移行係数というものがあり
 キャベツ、カボチャ、キュウリ、人参など大半は1%未満である。
 サツマが多少高いがその最大値で3%程度である。

■その結果として、石岡市の野菜類については全てセシウムは不検出となっている。
 時間をかけて検査すると(30分を2時間にする等)ごく低レベルで検出できるものもある。
 30分の検査だと30ベクレル以下は検出できない。→7/28のデータ

■卵や肉からも検出されていない。
 (当農場と同様に鶏に緑餌を与えている農園でも不検出)

■稲ワラや落ち葉の汚染が問題視され(牛の餌として使われたので)、
 その売買が止められているが、個人使用については規制はかかっていない。
 暫定基準値は400ベクレル/kgであるが、農場の場合はケイフンもトンプンも
 野ざらしではないので問題にならないと考える。
 仮に高い汚染であっても畑に投入されれば(薄まったりして)畑のセシウム濃度は
 ごくわずかしか上昇しない。
 (400ベクレル/kgという基準自体が、この堆肥を普通の使い方で40年以上使っても、
  事故以前の農地のセシウム最高値140ベクレル/kgを上回らない値という事である)

--------------

その情報交換会の際にも話題になりましたが、基本的には土壌に降り注いだ
放射性物質はそのまま土壌の蓄えられていて、作物がそれを吸収することは
ほとんどないようです。

ひまわりなど、一部の植物でセシウムを取り込みやすものがあるそうですが
そういった植物を使って除染を試みているところもあるようです。

やさと一帯に放射性物質は降り注いだとはいえ、作物への影響がほどんど
出てないことがわかってホッとしています。

---------------------------------------------------------------------
2、9月のつくいち 
---------------------------------------------------------------------
つくば駅前で、毎月第1日曜日に開催されている「つくいち」
つくば近隣でこだわりのパン、ジャム、野菜を作っている生産者
カフェ、キムチ屋さんなどなど、楽しいお店が出店しています。
やさと農場は卵、野菜、ラードなどの生産物を小売しています。

次のつくいちは 9月4日です。(午前8時〜午後2時)
  ※早い時間に商品が売り切れることもあります。

公園でくつろぐ家族連れや、目当ての野菜やパンを買いに来る人などで
毎回賑わっています。よかったらぜひぶらりと遊びにきてください。

つくいちホームページ http://kusanone298.com/tsukuichi.htm

----------------------------------------------------------------------

★おいしい農場野菜や卵が食べたくなったら ==> ご注文お待ちしています
 http://form1.fc2.com/form/?id=394457

----------------------------------------------------------------------
■連絡先
 ORGANICFARM−暮らしの実験室− やさと農場
 所在地 〒315-0116 茨城県石岡市柿岡1297−1
 TEL/FAX:0299-43-6769
 MAIL:kurashilabo@…
 http://homepage.mac.com/kurashilabo/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


このエントリーをはてなブックマークに追加

メールへの返信はMLのメンバーしかできません。

更新順メールリスト