イラク戦争に関する世界情勢のニュース

メールの詳細(メール表示)

件名:

イラク法学者協会: モスル作戦の経過と真相

差出人: 山本史郎さん
送信日時 2008/05/24 23:43
ML.NO [URUK_NEWS:1881]
本文:

URUK NEWS イラク情勢ニュース           (転送・紹介歓迎)
□□□□□ □■ □□□□□ □■ □□□□□ □■ □□□□□ □■
――――――――――――――――――――――――――――――――――
2008/05/24 (土)

  [飛耳長目録 todays news list]

☆イラク法学者協会: モスル作戦の経過と真相
☆イラクをめぐる最新ニュース 2008/05/24
 ・イラク政府は占領軍と変わるところがない
 ・人口密集地への米軍空襲が増え市民の犠牲増大
 ・イラクでは米軍の空襲が急増/ビデオあり

--------------------------------------------------------------------
☆★イラク法学者協会: モスル作戦の経過と真相
イラク情勢ニュース 速報&コメント 5月24日 
--------------------------------------------------------------------

 イスラム法学者協会はモスル作戦の真相とその局面について、特に、The True
Dimensions of the Process in Mosul
 という記事を英文に翻訳して発表した。以下はその要旨。

英文 http://heyetnet.org/en/content/view/2884/38/

 イスラム法学者協会、5月22日 −− われわれは毎日、「イラクに<法と
秩序>を押しつけようとする新しい治安構想と軍事作戦について聞かされる。

 首都バグダッドに「法を確立する」過程が2007年2月から今日まで続いて
いるが、確かな目標は達成されなかった。昨日はバスラで「騎士の突撃作戦」を
行ったかと思えば、今日はモスルで「ライオンの咆哮作戦」が展開される。

 これらの軍事作戦の本当の目的と真相はどうであろうか?

 マリキ政府は昨日、バスラでの作戦について、「南部に秩序を回復する」こと
を狙ったものだと述べたが、すべてのイラク人は本当の目的がサドル支持者の存
在にあること、それはシーア派の力のバランスと関連して、10月に予定されて
いる地方選挙で、サドル派が多数を制する事態を回避するためであることを知っ
ている。

 今日、アルカイダ掃討という口実のもとに、米占領軍と政府与党に所属する民
兵(特にペシュメルガ)に支援されて、イラク政府軍は攻撃に着手し、これまで
600人以上の住民を拘束した。そのなかには、旧政権のさまざまな部門にいた
高官に加えて、旧イラク軍の将校120人が含まれている。

また、この作戦では何十人もの大学教授と学生が、無差別かつ野蛮な手法で拘束
された。

 今回の軍事作戦が始まった翌日に開かれたニネベ州部族協議会の緊急会合は、
この作戦が国の仕事にたずさわりイランとの戦争に従軍した旧イラク軍将校に対
する報復であると非難した。われわれは今回の作戦の真の目的を次のように特定
することができる。

 1,外国の軍隊がイラクの大地に駐留することを拒否するナショナリストを排
除して、つまるところ、モスルにおける抵抗を弱体化すること。

 2,モスル出身の旧イラク軍将校に復讐し懲罰を加えること。それは彼らがイ
ラクの近代史において英雄的な立場に立って、アラブの国を東方から窺うイラン
の危機に勇敢に立ちむかったからである。

 3,ダフーク、アルビルからモスルに隣接する幾つかの地域、特にアクラ、シ
ンジャル、ファイデといった地域で、クルド人はアラブ人の存在を弱いものにし
ようとしている。これらの地域はクルド人勢力のお気に入りの地域であり、、彼
らの主張によると、クルド人が多数であるという理由から、「イラク内のクルデ
ィスタン(クルド領)に含まれるべきだという。

4,代理人モハンマド・アル・ダイニはイラクの衛星TV番組で、モスル作戦の
あと、前もって意図があったかのように、クルド人が推薦したモスル攻撃の計画
があったと証言した。

 マリキはサドル運動に対する軍事作戦で自分への批判が大きかったことから、
イランとその支持者に自分の姿勢を売りこもうとしている。

 今回の作戦には多くの疑わしい点がある。例えば、マリキは民兵撲滅と武器を
渡す条件について述べているが、サドルの間に結ばれた新しい協定を見ると、マ
フディ軍の武装解除は問題に言及されていない。

 何千人もが拘束されたこれらの作戦では、勇気と忍耐と特有の姿勢で知られる
モスル住民の心から抵抗の精神を抜き去ることも、それを潰すこともできなしな
い。

 マリキ政府は2004年にさかのぼる名簿にもとづく悪意に満ちた作戦を止め
なければならない。3年以上も前のリストにもとづいて逮捕が行われるというの
では、マリキがイラクに実現したと自慢する近代国家の体裁はどこにあるのか。

 これらの名前(リスト)は、恩赦の対象に含まれていたのではないのか。イラ
クの副大統領は何度も、その指名手配は恩赦が適用されて完遂されることはない
と確認したのではなかったか。

 イラク国民に対するこのような愚行は、マリキ自身が唱える「国民の和解」を
導くことにはならない。


--------------------------------------------------------------------
☆★イラクをめぐる最新ニュース 2008/05/24
--------------------------------------------------------------------

1)
AMSI: the Government has Nothing Different from the Occupation!
法学者協会: イラク政府は占領軍と変わるところがない
http://heyetnet.org/en/content/view/2883/1/

 イスラム法学者協会はイラク政府軍によるアハマド・モクタール・モスクに対
する凶悪な攻撃を非難し、政府は占領軍と変わるところがないと指弾した。 モ
スクへの攻撃というのは、ドアを壊し、図書室と聖典『コーラン』を破壊したこ
とを指す。傀儡のイラク政府軍は5月19日午前5時、27台の車両でアハマド
・モクタール・モスクに乗りつけて襲撃した。彼らが破壊したなかには、コーラ
ンやイスラム教の経典も含まれ、モスクの神聖さを無視していた。 こうした凶
悪な犯罪は、米軍がコーランを標的に射撃訓練をした1週間後のできごとである



2)
Increased U.S. airstrikes in Iraq killing more civilians
人口密集地への米軍空襲が増え市民の犠牲増大
http://rawstory.com/news/2008/U.S._airstrike_kills_8_Iraqi_civilians_0523.html

 イラクの人口密集地における米軍空襲の急増で、一般市民の犠牲も劇的に増え
ている。ワシントン・ポストによると、イラク政府がシーア派民兵の鎮圧に乗り
出して以降、グリーンゾーンへの攻撃が増え、米軍もほとんど毎日、サドルシテ
ィーへのミサイル攻撃をおこなっている。住民は空襲は無差別に行われていると
述べ、多くの市民が殺されたと話した。CNNは米軍の発砲によるイラク人の犠
牲が増えていると報道し、「アメリカ兵への怒りは募るばかりだ」と指摘した。

 ※補足: 上のURLからアクセスすると、CNNの5月22日付ビデオを視
聴できる。


3)
In Iraq, a Surge in U.S. Airstrikes
イラクでは米軍の空襲が急増/ビデオあり
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/05/22/AR2008052203869.html?hpid=artslot

 最近の数週間、カツェンバーガー大尉ともう1人の操縦士(アパッチ攻撃ヘリ
)は、民兵に対するミサイル発射が劇的に増えたという。人口密集地に対する攻
撃も頻繁である。彼は何百人もいる普通の市民のなかから、「敵意のある者」を
区別しようと、強力なズームレンズを使用するが、「本当に密集していて、何も
かもが同じに見えるので、見分けるのは困難だ」という。 3月末以降、米軍が
バグダッドで発射したヘルファイア(ミサイルの名前、「地獄の業火」)の数は
200を超える。その前の3ヶ月では、わずか6発だった。

 ※訳者から: 上記URLには、ヘルファイアを発射する場面(地上での爆発
の瞬間)を映したビデオがある。「慎重に標的を選んでいる」という米軍発表を
信用するかどうか、ぜひ、それぞれで検証してほしい。


4)
US helicopter strike kills eight civilians in Iraq
米軍ヘリがイラク人8人を殺害
http://www.middle-east-online.com/english/iraq/?id=26036

 ロイターが報道した写真には、バグダッドの北方180キロのバイジで、白い
シーツに覆われた遺体のそばに立つ親類が映っている。現地警察のアハメド・フ
セイン警部は、「(犠牲者のうち)2人は少年で、1人は8歳、もう1人は11
歳だった」と語った。匿名で話したある医者は、夕方に発生した事件のあと、病
院に担ぎ込まれたのは8人で、そのなかには60歳の老人もいたと語った。

※関連(既報): 米軍の空襲がイラク人市民を殺害 2008/05/22
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/uruknewsjapan/view/20080522/1211468307



5)
U.S. military regrets killing 2 children in Iraq operation
イラクで少年2人を殺したことに米軍が「遺憾」表明
http://edition.cnn.com/2008/WORLD/meast/05/22/iraq.main/




6)
Iraqi TV station says U.S. troops killed cameraman
イラクのテレビ局、「米軍がカメラマンを殺した」
http://wiredispatch.com/news/?id=180183


7)
Two local journalists killed in Iraq
イラクで現地記者2人が死亡
http://www.middle-east-online.com/english/iraq/?id=26044



8)
Report: Iraq to spend $3B on U.S. military gear
イラク政府が米軍装備費に30億ドル承認
http://www.stripes.com/article.asp?section=104&article=55015






――――――――――――――――――――――――――――――――――
□□□□□ □■ □□□□□ □■ □□□□□ □■ □□□□□ □■
※URUK NEWS イラク情勢ニュース (webサイト) 
    http://www.geocities.jp/uruknewsjapan/index.html  
    メーリング・リストへの参加・退会手続きはここでもできます
※イラク・レジスタンス・レポート
    http://www.geocities.jp/uruknewsjapan/Iraqi_resistance.html
□□□□□ □■ □□□□□ □■ □□□□□ □■ □□□□□ □■
――――――――――――――――――――――――――――――――――






このエントリーをはてなブックマークに追加
添付: