イラク戦争に関する世界情勢のニュース

メールの詳細(メール表示)

件名:

写真で見る廃墟となったガザ

差出人: 山本史郎さん
送信日時 2009/01/24 22:42
ML.NO [URUK_NEWS:1991]
本文:


――――――――――――――――――――――――――――――――――

2009/01/24 (土)

  [飛耳長目録 todays news list]

☆写真で見る廃墟となったガザ 2009/01/24
☆写真: 瓦礫の中から少女の片手だけが出ていた


-------------------------------------------------------
☆★写真で見る廃墟となったガザ
イラク情勢ニュース 速報&コメント 1月24日
-------------------------------------------------------
http://www.geocities.jp/uruknewsjapan/Gaza_in_ruins.html

※写真のあいだに配置された文章は、必ずしも写真のキャプションというわけで
はありません。

In Pictures: Gaza in ruins
AlJazeera.net

2009年1月22日

http://www.geocities.jp/uruknewsjapan/ruin1.jpg

イスラエル軍とパレスチナの戦士がガザで交戦しているときにも、市民は家に帰
ろうとしている。(AFP)

http://www.geocities.jp/uruknewsjapan/ruin2.jpg

しかし多くのパレスチナ人が目にしたものは瓦礫と被害である。(Gallo/Getty)

http://www.geocities.jp/uruknewsjapan/ruin3.jpg

長さ40キロ、幅10キロの領域に閉じこめられ、150万のガザ市民は貧困と
栄養失調と失業に見舞われている。(Gallo/Getty)

http://www.geocities.jp/uruknewsjapan/ruin4.jpg

何十年にもわたるイスラエル軍の血まみれの攻撃によって、とりまく状況は悪化
するばかり(Gallo/Getty)

http://www.geocities.jp/uruknewsjapan/ruin5.jpg

3週間に及んだイスラエル軍の攻撃で、約10万人の市民が自宅を失った。(Gallo/Getty


http://www.geocities.jp/uruknewsjapan/ruin6.jpg

燃料不足のためにガザで唯一の発電所が閉鎖され、パレスチナ領の75%以上で
停電となった。

http://www.geocities.jp/uruknewsjapan/ruin7.jpg

人口の3割は清潔な水道水を入手することができず、下水処理施設も機能できな
くなった。(AFP)

http://www.geocities.jp/uruknewsjapan/ruin8.jpg

1万人以上の市民が廃水で家が水浸しになり、主要な下水処理場は今にも堤防が
決壊しそうになって
いる。(AFP)

http://www.geocities.jp/uruknewsjapan/ruin9.jpg

イスラエル軍の攻撃で2万2000のビルが破壊され、そのうちの4000は住
宅だった。

http://www.geocities.jp/uruknewsjapan/ruin10.jpg

ハマスはガザの復興に少なくとも16億ドルが必要になると言う。

http://www.geocities.jp/uruknewsjapan/ruin11.jpg

他方、普通のガザ市民は今の比較的静かな日々が続くのかどうか不安を抱えてい
る。(AFP)



---------------------------------------
☆★究極の1枚!? ガザの写真
---------------------------------------

http://www.uruknet.de/pic.php?f=21-ips.jpg

瓦礫と化した自宅の下敷きとなったサムニ家では、少女の手だけが表面に出てい
た。2009年1月18日、ガザ市のザイトゥーン地区で。

イスラエル軍のF16ジェット戦闘機が投下した爆弾で、家族24人が殺され、
なおも9人が瓦礫のなかに埋もれているケースもある。

 訳者からの補足: F16−−戦闘機として開発され実戦に使用されているが
、空中戦に備える必要がない戦域では、パレスチナでもイラクでもそうだが、地
上の標的に爆弾を投下したりミサイルを発射したり、戦闘爆撃機として使われる
ケースが多い。考えても見よう。「戦闘機」という名前であっても、爆撃部隊な
どから独立して空中戦用の部隊編成を行うだけの戦費と戦力を持てる軍事大国は
、世界のなかではごく一部しかないのだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
添付: