イラク戦争に関する世界情勢のニュース

メールの詳細(メール表示)

件名:

イラクの地方選挙は確実な指標となるか  2009/02/02

差出人: 山本史郎さん
送信日時 2009/02/03 00:02
ML.NO [URUK_NEWS:1996]
本文:

2009/02/02 (月)

  [飛耳長目録 todays news list]

☆イラクの地方選挙は確実な指標となるか 2009/02/02
☆イラクで試金石となる選挙始まる 2009/02/02

--------------------------------------------------------------------
☆★イラクの地方選挙は確実な指標となるか
イラク情勢ニュース 速報&コメント 2月2日付
--------------------------------------------------------------------

Iraq Elections Could Be a Telling Signpost
Analysis by Dahr Jamail
February 1st, 2009
Inter Press Service

Dahr Jamails MidEast Dispatches  (写真あり)
http://dahrjamailiraq.com/iraq-elections-could-be-a-telling-signpost#more-1420

 地方選挙が1月31日に投票を迎えたあと、イラク国民はアメリカの侵略と占
領からの政治的回復という新しい指標に注目している。

 2005年の選挙以来となった今回の投票は、遅まきながら31日にイラクの
14州で投票が行われた。

 投票が行われなかった4つの州は、クルド人が支配するイラク北部である。産
油地帯であるキルクークの帰属をめぐって論争が起こっているために、ここでは
選挙が指示されなかったのだ。キルクークでは、ダフーク、アルビル、スレイマ
ニヤと同じく、選挙が先送りとなった。

 今回の地方選挙は、当初、昨年の10月1日に予定されていたが、キルクーク
での選挙手続きをめぐる見解の相違のせいで遅れていた。キルクークでの選挙は
、スンニ派アラブ人とクルド人、トルコメン人のあいだで激しく争われている。

 地方選挙と国民議会(国会)選挙が最後に行われたのは2005年の1月30日
だった。その選挙の焦点は、イラク国民議会の275議席の選出だった。次回の
国民議会選挙は2009年末か2010年の初めに予定されている。

 スンニ派教徒の大部分は、米軍とシーア派民兵による迫害を受けていたために
、2005年の選挙をボイコットした。スンニ派(の政治ブロック)は、200
5年のボイコットゆえに、地方議会においても、不釣り合いなほど少数の議員し
か選ばれていない。

 地方議会は、その州における財政、再建事業の割当と法律を制定する権限を持
っている。州知事はさらに、州の警察本部長と治安部隊幹部を任免権を持ってい
る。

 ・・・(以下略)



--------------------------------------------------------------------
☆★イラクで試金石となる選挙始まる
イラク情勢ニュース 速報&コメント 2月2日付
--------------------------------------------------------------------

Iraqis vote in landmark provincial election
First Published 2009-01-31
ミドルイースト・オンライン
http://www.middle-east-online.com/english/iraq/?id=30137

 バグダッド発−− 州知事の任命権を持つ地方(州)議会の440議席をめぐ
って、1万4400人以上が立候補している。

 イラク国民は1月31日、国が直面する重大な試金石である地方選挙に投票を
行ってる。2005年以降ではイラクで始めてとなる投票をめぐって、治安情勢
は対策のために配置されたイラク警察とイラク軍にとって極めて厳しいものがあ
る。

 約1500万人の有権者は、18州のうち14州において、幾千もの投票セン
ターで票を投じるよう呼びかけられてきた。投票所は午前7時に開き、午後5時
には閉鎖されることになっている。

 バグダッドのアダミヤ地区に住む主婦ラジャア・アラアは、投票所から出てき
た際の取材にこう答えた−−「私たちは平和を望んでるから、家族全員が連れだ
って投票に来ました。それに今回の選挙は平和をもたらしてくれると思ってる」


 1月31日の選挙は、イラクの安定と政治システムの改善が着々と進んでいる
ことを測る重要なテストと見られている。

 米ホワイトハウスの大統領報道官ロバート・ギブスは、1月30日の取材に、
「大統領が投票結果を尊重することは明らか。週末の地方選挙がイラクの民主化
達成度を測る重要な一里塚になると信じている」と語った。

 投票に先立って、当局はイラク国境を封鎖し、空港も閉鎖した。選挙に向けた
大規模な治安対策の一環として、輸送の禁止と夜間外出禁止令も課された。

 国連とイラクの選挙管理委員会が選挙を管理し、800人の国際監視団が投票
を監視するものと見られている。

 1万4400人以上の候補者が地方議会440議席に立候補している。この地
方議会が州知事を任命し、25億ドルの予算を抱える財政と再建計画を監視うる
ことになる。

 スンニ派アラブ人は、米軍のイラク侵攻に怒って2005年の国民議会選挙を
ボイコットしたのとは違って、相当数が投票するものと予測されている。

 スンニ派アラブ人の候補は投票前に暗殺された者も多く、殺人犯は一人も特定
されてないものの、クルド人勢力の犯行と見る者もいる。

 シーア派出身の首相は、この数ヶ月、期待される指導者というより、強い指導
者として振る舞ってきた。2003年のイラク侵攻後にイラクを分裂状態に追い
やった宗派抗争への対応策として、彼は世俗的な国民的課題に取り組んできた。

 マリキは今時選挙の立候補者ではないが、ある候補者陣営を裏で支持している


 選挙は3つのクルド人自治州(アルビル、ダフーク、スレイマニヤ)では実施
されないが、その全てがイラク北部に位置している。

 また主要な産油地帯であるキルクーク州でも、選挙が延期された。中央政府が
強く反対しているものの、クルド人勢力はキルクークを自分たちの自治州に取り
込もうと欲している。

このエントリーをはてなブックマークに追加
添付: