イラク戦争に関する世界情勢のニュース

メールの詳細(トピック表示)

自宅に戻ったイラク難民に「生活再建」の大きな課題

投稿者:山本史郎さん  2009/11/12 23:42  MLNo.2020   [メール表示]

URUK NEWS イラク情勢ニュース           (転送・紹介歓迎)
□□□□□ □■ □□□□□ □■ □□□□□ □■ □□□□□ □■
――――――――――――――――――――――――――――――――――
2009年11月12日(木)
イラク情勢ニュース

  [飛耳長目録 today''s news list]

☆自宅に戻ったイラク難民に「生活再建」の大きな課題
☆アフガン赤十字がNATO軍の作戦を非難
★関連: 10月の報道より/国連施設襲撃が示すこと


-------------------------------------------------------------------
☆★自宅に戻ったイラク難民に「生活再建」の大きな課題
  Displaced Iraqis returning home face task of rebuilding lives
United Nations Radio  2009年11月3日
-------------------------------------------------------------------
http://www.unmultimedia.org/radio/english/detail/84973.html
http://www.uruknet.info/index.php?p=59705

November 3, 2009

 わが家に戻ったイラク難民に、自分たちの生活を再建するという難題がのしか
かっている−−国際移住機関が発表した。

 国際移住機関の発表によると、自宅に帰ったイラク人難民のほとんどは、基本
的な生活必需品を入手できず、日々の生活をしのぐことが移住した当時よりもも
っと条件が悪くなっている例もある、という。パトリック・メイグアがジュネー
ブからレポートする。

 自宅に戻ったイラク人移住者のニーズを調べた最近の評価レポートのなかで、
国際移住機関は次のように発表した−−食料、燃料といった基本的な必需品が最
優先ではあるが、それはともかくとして、移住先から戻った人々の失業率は34
%という高率のままで、彼らは仕事を見つけることができない。国際移住機関の
スポークスマンは、全世帯の3分の2近くが女性によって支えられているが、一
家を支えている女性に仕事はないと語った。

 避難施設、水道、電気、病気の治療も難題である。自宅にもどった難民家族の
34%は、家が全壊ないし一部損壊している。収入を得る道がないうえに、彼ら
は家を再建する助けを受けることさえ絶望的である。政府は帰還時に1回だけ8
40ドルを支給することで、彼らを勇気づけ支援しようとしているが、それはそ
の場しのぎにすぎない。

 われわれが調査した家族のうち、44%が支援金の適用されたが、実際にその
支援金を受け取ったのは39%しかいなかった。帰還した人々の多くは、個別の
支援は何も受け取っていないと言う。

 国際移住機関は、彼らが生活を立て直せるように、6500家族に12ヶ月間
の支援を行う予定である。この援助は、失業中の帰宅難民への支援金という形に
なるが、彼らが事業を始めたり、就職先を見つけ、収入を得られるよう支援する
ものである。


-------------------------------------------------------------------
☆★アフガン赤十字がNATO軍の作戦を非難
  Afghan Red Crescent condemns NATO operation at its office
IRINニュース  2009年11月10日
-------------------------------------------------------------------
http://www.irinnews.org/Report.aspx?ReportId=86954
http://www.uruknet.info/index.php?p=59963

 カブール発

 アフガン赤十字社(ARCS)は11月7日、アフガニスタン南部のザブール
州の州都カラツで、NATO軍の作戦を非難した。

 NATOは報道向けの声明のなかで、NATO軍の兵士が「敵の戦闘員」一人
を殺し、「歴史的にタリバン軍司令官が使っていた」という施設で、数人の「敵
側戦闘員とみられる容疑者」を拘束した、と発表していた。

 このたびのARCSの発表は、殺された人物はARCSの招待者が雇うドライ
バーだった、と述べた。

 同赤十字社のスポークスマンは、IRINの取材に、「ARCSのスタッフ3
人もNATO軍に拘束されたが、現在は釈放されている」と話し、事務所も損害
を受けたとつけ加えた。

 9月2日には、アフガニスタンに派遣されているスウェーデンの委員会が、ワ
ルダク州では病院に米軍が「乱暴に押し入った」と報告した。8月28日には、
保健省が、パクチカ州で外国軍隊とゲリラが戦闘を展開した結果、病院が破壊さ
れた。


-------------------------------------------------------------------
☆★関連: 10月の報道より/国連施設襲撃が示すこと
カブールでの国連施設襲撃がアフガン選挙の欺瞞をはぐ
Attack on UN in Kabul in lead-up to sham Afghan election
-------------------------------------------------------------------
http://www.wsws.org/articles/2009/oct2009/afpa-o29.shtml
http://www.uruknet.info/index.php?p=59502

By Peter Symonds
WSWS, October 29, 2009

 アフガニスタンの首都カブールで、国連のゲストハウス(宿泊施設)がタリバ
ン兵に襲撃された事件は、アメリカ主導のアフガニスタン占領のもろさが11月
7日の大統領選挙決選投票になったことを浮き彫りにした。

 前日朝、ゲストハウスが襲撃され少なくとも12人が志望したが、その内の6
人が国連スタッフで、2人はアフガンの警護員、3人はタリバン兵だった。東ジ
ャララバード市のグル市長の義弟も死亡した。ほかにも国連スタッフ9人いじょ
うが負傷した。

 警官の服装をした3人のタリバン兵は、ゲストハウスに入って90分の籠城を
始める際に、警護員2人を殺した。この襲撃事件に先だって、大統領宮殿にロケ
ット砲攻撃があり、事件のあとには、外国人外交官やジャーナリストがよく宿泊
するセレナ・ホテルにロケット砲攻撃があった。

 タリバンのスポークスマンは、ニューヨーク・タイムズの取材に、国連のゲス
トハウスが攻撃されたのは、カルザイとアブドラの決選投票に参加しないように
人々に警告する意味だった、と語った。最初の投票では、両陣営に大量の不正票
が発覚し、国連は決選投票の準備に大きな役割を担っている。

 アメリカと国連は今回の襲撃事件を非難したが、これは2001年にタリバン
政権が崩壊して以後、アフガニスタンにある国連施設としては最も深刻な事件と
なった。国連はみずからは中立かつ人道組織だと性格づけをしているが、米軍と
NATO軍によるアフガニスタン占領を助けるものとして機能しており、アフガ
ン人にはそのようなに受けとめられている。国連は、「民主主義」を掲げて、ア
メリカの傀儡(かいらい)政権を支える欺瞞(ぎまん)的な選挙を支援している


 8月20日に行われた最初の投票は、無人投票所があったり、独立選挙委員会
という政府組織の職員による投票妨害もあった。多くの者が失望したり、互いに
反目した結果、タリバンによる脅迫も加わって、投票率はわずか30%ほどに終
わった。投票日当日は、300件の武力事態が報告され、31人以上の死亡者が
出た。




――――――――――――――――――――――――――――――――――
□□□□□ □■ □□□□□ □■ □□□□□ □■ □□□□□ □■
※URUK NEWS イラク情勢ニュース (webサイト) 
    http://www.geocities.jp/uruknewsjapan/index.html  
    メーリング・リストへの参加・退会手続きはここでもできます
※イラク・レジスタンス・レポート
    http://www.geocities.jp/uruknewsjapan/Iraqi_resistance.html
□□□□□ □■ □□□□□ □■ □□□□□ □■ □□□□□ □■
――――――――――――――――――――――――――――――――――


このエントリーをはてなブックマークに追加

メールへの返信はMLのメンバーしかできません。