イラク戦争に関する世界情勢のニュース

メールの詳細(メール表示)

件名:

「クーデター」の噂にバグダッドが麻痺

差出人: 山本史郎さん
送信日時 2010/01/20 23:32
ML.NO [URUK_NEWS:2028]
本文:

URUK NEWS イラク情勢ニュース           (転送・紹介歓迎)
□□□□□ □■ □□□□□ □■ □□□□□ □■ □□□□□ □■
――――――――――――――――――――――――――――――――――
2010年1月20日

  [飛耳長目録 todays news list]

☆イラク選管は500人近くを立候補禁止に
★スンニ派居住地で大量の市民拘束
☆「クーデター」の噂にバグダッドが麻痺

--------------------------------------------------------------------
☆★イラク選管は500人近くを立候補禁止に
Iraq election officials bar nearly 500 candidates from poll
AFP 2010年1月14日
--------------------------------------------------------------------
http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5iq5fJFplxZiPms3wzK1upE0lpP1A

By Salam Faraj
January 14, 2010

 14日、イラクの選挙管理委員会は、500人近い候補者と政党に総選挙への
参加を禁じた。サダム・フセインのバース党につながる者が多いという。

 選挙管理委員会の幹部であるハムディア・フセイニは、「本日午後、候補者名
簿から約500人の名前と政治団体を排除することを決めた」と発表した。

 フセイニは、特にバース党に言及することはしなかったが、候補者の排除決定
は公正監査委員会の基準にもとづいたと述べた。同委員会はサダム・フセイン支
持者の選挙参加を禁じている。

 彼女はまた、排除の対象となった団体は3日以内に候補者氏名を差し替えるこ
とができ、そうすれば選挙に参加できると語った。




--------------------------------------------------------------------
☆★スンニ派居住地で大量の市民拘束
Mass arrests reported in Sunni areas in Iraq
アッザマン 2010年1月4日
--------------------------------------------------------------------
http://www.azzaman.com/english/index.asp?fname=news2010-01-04kurd.htm

By Karim Zair
Azzaman
January 4, 2010

 イラク軍治安部隊は、バグダッド市内のスンニ派居住地と、イラク北部および
西部に広がるスンニ派諸州の都市や街で、大規模な市民拘束作戦を展開した。

 イラク政府によって行われたものとしては、今回の作戦はここ数年では最大規
模のものといわれている。大量拘束作戦はこれらの地域の怒りをかきたて、恐怖
心を煽ってきた。

 バグダッドでは、アブグレイブ地区で最も多くの者が拘束された。ここは同じ
名前を冠された収容所で有名なところだ。

 拘束された人々の両親や親類の者は、治安部隊が家族をどこに収容したか何の
手がかりも得られないでいる。当局者たちは、選挙が終わるまで牢につながれる
だろう、と、家族に告げたそうだ。

 匿名の当局者たちの証言によると、チクリート、アンバル、モスルで何百人も
の若者が連行されていったという。

 人々の怨嗟の声は、米軍および政府軍との戦闘が活発なモスルで特に顕著だと
いう。その一方で、いわゆる覚醒会議のメンバーに対しても、別の掃討作戦が行
われた。

 覚醒会議は、米軍と一緒にアルカイダと戦っていると宣伝されてきた。




--------------------------------------------------------------------
☆★「クーデター」の噂にバグダッドが麻痺
IRAQ: Coup rumors paralyze Baghdad
ロサンゼルス・タイムズ・ブログ 2010年1月12日
--------------------------------------------------------------------
http://latimesblogs.latimes.com/babylonbeyond/2010/01/iraq-coup-rumors-paralyze-baghdad.html

Liz Sly and Ned Parker
2010年1月20日

 今朝バグダッド市民が目覚めると、道路は封鎖されているし、市内はまるで戒
厳令下さながらで、いろんな噂が飛びかい始めた。

 曰く、軍の将校がグリーンゾーンでクーデターを起こした。別の噂では、いや
、クーデターを起こしたのは前政権(フセイン政権)を支持するバース党だ。等
々。

 多くの噂は、脱バース党委員会によって3月の選挙への出馬を禁じられた、ス
ンニ派国会議員サリフ・ムトラクに関係していた。脱バース党委員会は現在は公
正監査委員会と名乗っている。

 もっとも広範囲に流れた噂は、ムトラクが殺されたというもので、ムトラクが
グリーンゾーンでクーデターを起こしたという噂は、そのうちの一つであった。
ムトラクをめぐる噂はクルド地方まで広がり、旅行者のなかには、バグダッドに
戻っても安全かどうか、やいもきする者まで現れた。

 昼には、政府高官がテレビに登場して、バグダッド市民に平静を呼びかけた。

 軍の広報担当者であるムハンマド・アスカリが記者会見し、「治安部隊はクー
デターなど起こさせない。われわれの治安部隊は優秀だ」と述べた。「クーデタ
ーなど遠い昔の話だ」。

 彼の話によると、クーデターではなく、自動車爆弾と自爆攻撃が計画されてい
るという情報を政府が入手し、治安部隊が爆発物と容疑者を捜索するために封鎖
命令が出されたのだという。

 ムトラク自身は、大丈夫かと尋ねる市民からの電話で起こされたあと、ラペル
を着用し、国会に元気な姿をみせた。ムトラクはその噂を笑い飛ばし、「私を政
治的に抹殺したがっている連中が、今度は物理的に抹殺しようとしたんだろう」
と一蹴した。

 とはいえ、今回のクーデター騒ぎは、3月の選挙が近づくなかで、バグダッド
がいかに神経過敏になっているかを示した。大通りは午前中に通行可能になった
が、学校は休校し、幾つかの住宅街は夕方まで封鎖された。通常だと通行量の多
い大通りも、夜まで、閑散としていた。

 破壊行為への恐怖心が広がっている。この5ヶ月間のあいだに、何百人もの死
亡者を出す大規模な爆破事件が3件も起こったのだから。

 クーデターの噂が現実味を帯びているのかもしれない。ある内務省高官は、軍
のある部隊が出動命令も許可もないのに、ある地域から別の地域へ移動したこと
から、クーデター発生の噂が広がったのだ、と、匿名で語った。





――――――――――――――――――――――――――――――――――
□□□□□ □■ □□□□□ □■ □□□□□ □■ □□□□□ □■
※URUK NEWS イラク情勢ニュース (webサイト) 
    http://www.geocities.jp/uruknewsjapan/index.html  
    メーリング・リストへの参加・退会手続きはここでもできます
※イラク・レジスタンス関連情報
    http://www.geocities.jp/uruknewsjapan/Iraqi_resistance.html
□□□□□ □■ □□□□□ □■ □□□□□ □■ □□□□□ □■
――――――――――――――――――――――――――――――――――

このエントリーをはてなブックマークに追加
添付: