イラク戦争に関する世界情勢のニュース

メールの詳細(メール表示)

件名:

このタイミング2/テロ組織の実態、首相事務所から殺害予告

差出人: 山本史郎さん
送信日時 2010/05/06 15:38
ML.NO [URUK_NEWS:2070]
本文:

URUK NEWS イラク情勢ニュース           (転送・転載歓迎)
□□□□□ □■ □□□□□ □■ □□□□□ □■ □□□□□ □■
――――――――――――――――――――――――――――――――――
2010/05/06 (木)

  [飛耳長目録 todays news list]

☆バドル旅団の暗殺部隊
☆イラキーヤ広報担当: 首相事務所から死の脅迫が届いた


--------------------------------------------------------------------
☆★バドル旅団の暗殺部隊
Death Squads of the Badr Brigade
The Mesopotamian /Hussein Anwarのブログ 2010年5月2日付
--------------------------------------------------------------------
http://nebuchadnezzar-ii.blogspot.com/2010/05/death-squads-of-badr-brigade.html

May 2, 2010

 この情報は、イラクの適切な人々の監修のもとに、みずからも困難な状況にあ
りながら収集された。

 ◆バドル旅団とマフディ軍の指導体制

 1.モハンマド・アリ・ハッサン・アッバス・アルハッサニ(通称アブ・アハ
メド)が、ムサンナ州におけるバドル旅団暗殺部隊の分隊指揮官である。

 2.バドル旅団のメンバーであるハフィズ・アブドル・ジャリルは中等学校を
中退し、8歳の時にイランの諜報機関でスパイ活動に参加した。何十人ものイラク
人(ペルシャ人の末裔)がイランに逃亡した1991年の事件に参加し、戦争の
後にバドル旅団のメンバーとしてイラクに来た。(原注/彼は現在バビロン州知
事)

 3.サドル・シティーのハッジ・アル・カイム55街区にあるモスクで導師と
なっているラスーン・ハッサン・サアディは、マフディ軍のなかで粛正および殺
害を担当するグループを率いている。

 4.サドル・シティー29街区に住むハッサン・サリムは軍の将校であり、現
在はマフディ軍に属するグループを率いて、同じ地区にある学校で拷問と処刑を
担当している。

 5.ヒクマ・モスクの導師であるナジ・アブドアイタンは、マフディ軍の指導
的人物で、サドル・シティー住民でもあり、同モスク内で粛正と拷問を担当する
グループを率いている。

 6.ナジャフ出身のハッサン・アブド・アイタンは、イランの諜報機関に協力
した罪で追放された家族の一員だったが、中佐にとりたてられてバドル旅団と一
緒に仕事をしている。彼は占領後にイラクに来て、現在はナジャフの副知事とし
て、ナジャフのバドル旅団を指揮している。またバグダッドにおける暗殺を担当
しており、彼のグループは多くのイラク人を殺害し、ついにはバース党ナジャフ
支部の指導的人物であるモハメド・カバア、アブ・サビンを殺害した。

 7.モハメド・サビト・アッ・サアディは、ナジャフにあるシーア派の学校ハ
ウザの学生だが、現在はバグダッドに住み、マフディ軍のために働き、暗殺と誘
拐を担当するグループを率いている。ヒズボラのイラク支部として知られるイラ
ンの諜報機関から指令を受けている。

 8.モハメド・アル・ハイダリはイラン人の末裔でモスクの導師をしている。
彼とその家族は追放され、80になってイランの諜報機関のために働くようにな
った。イラン国内で仕事をしたあと、占領後にイラクに来て、バドル旅団ととも
にバグダッドで最初に暗殺部隊を編成し、イラン諜報機関に奉仕した。バグダッ
ドに来て最初の数ヶ月は、カラダ地区にある元印紙局を処刑と尋問の仕事場にし
、バース党員や自衛に参加する者、旧軍の将校などの殺害命令を出した。彼のグ
ループはバグダッドほかの州で数百の作戦を遂行しており、イラクにおいてこれ
までで最もきわだった暗殺部隊のリーダーである。

 ◆暗殺部隊アル・ラサファ分隊

 バドル旅団のメンバーであるフセイン・カセム・シャヒール・アル・イタビは
、フダリヤ地区の住人で、2003年よりも前にバグダッドでロケット弾を発射
した事件に関与して、イランに逃亡していた。イランの諜報機関のメンバーとな
っていたが、任務を受けてマフディ軍の指導的人物となった。現在は以下の地域
で活動するマフディ軍の指揮官である。ラサファ、フダイリヤ、カマリヤ、ラア
サ、オバイデイ、フサイニヤ、ウールファッリ。

 フダリヤ地区の出身で甥にあたるフアイ・シャヒール・アル・イタビという名
の学生を手下にして、前のイラク当局(=フセイン政権)から指名手配されてい
たナラズ者であり、占領後に第3の人物ジュマア・アルハムラニと一緒にバグダ
ッドに帰ってきた。

 これらの者たちは、アマル・アル・ハキムやハヂ・アル・アミリからの支援を
得て、上述の人物らとも直接的な連携をとっており、アダミヤ地区にあるシーア
派のブラサ・モスクを拠点にするジャラルディン・アル・サギルから指令が出て
いる。ここに屯’たむろ)する者の一部はグリーンゾーンにも出入りし、イラク
調和戦線、国民対話戦線の国民議会議員、イラクの諜報機関幹部らの判断もあお
いでいる。このグループがバグダッドでは最大勢力である。

 中核となるグループは、内務省の作戦室長モハメド・ジュマ・アル・シャラシ
ュと連携を取っていて、彼がバドル旅団の司令官(大将)、バシル・ナシル・ア
ロンディがバドル旅団の副官で内務局担当の内務副大臣、アハメド・アル・ハフ
ァジがバスラ担当の内務副大臣。彼らは内務省および国家警護隊、緊急展開部隊
の幹部のなかに大勢の手下を持っており、彼らの犯罪を隠すためにジャラルディ
ン・アルサギルから多額の金銭を受けとっている。その人数は何百人にのぼると
見られ、それぞれの司令部はすべて、フダリヤ、オバイディ、ジャミーラ、タリ
ク、シャマイヤ、革命広場に集中している。

 これらのグループのなかに、マジド・ハミド・アル・アサディ(イランの諜報
機関で働いていたアブ・ムスタファ・アル・シェイバニの従兄弟)に指揮される
グループがあり、米軍に指名手配されている。彼は元々バスラの出身で、父親は
バスラ警察の総監だった。1991年のバスラでの事件に参加したため、バスラ
からバグダッドへ逃亡した。

 彼は今、アル・シャブ地区とサドルシティーの郊外数カ所を活動範囲にして、
幾つかのグループは従兄弟であるアブ・ムウタファの弟に指揮を任せている。

 この殺人グループは、彼の義兄弟が指揮をとっており、彼はモハメド・アル・
ムサウィと呼ばれる教師で、ルサファ地区の教育長をしている。彼らは配下に内
務省のメンバー、国家警護隊のメンバーを抱えており、彼ら自身のために働く特
殊部隊員もいる。彼らがバグダッドの街頭で最も多くの誘拐と殺人を遂行した下
手人である。

 カルク・グループはナイル・ムサウィ陣営のマフディ軍指揮官に率いられてい
るが、彼らの仕事を支援し監督している人物こそ、現在のバグダッド州知事(フ
セイン・アル・バグダーディまたはアブ・ハナ)である。彼はバドル旅団の指導
的人物の1人であり、イラン諜報機関のメンバーでもある。

 バドル旅団に配置されたアル・ハキムの側近は、士官学校手下に通ったことも
ない部下を士官に昇進させている。

 アブドル・アジズ・アル・ハキムは、資格や経歴もない部下を士官に昇進させ
、内務省と国防省の編成に当たらせたうえ、自らも所属する宗派主義政党のメン
バーを大佐クラスの階級に抜擢し、内務省や軍、あるいは諸州の国家警護隊の幹
部に配置した。

 またフセイン・アル・サリ内務相とダーワ党の配下にあったヒズボラ運動とバ
ドル旅団は、次のような行為も行っている。

 1.米軍に押収されたり捜索されりすることを恐れ、また不測の事態に備える
ために、それぞれの司令部と重要文書をナジャフ州とワシト州に移した。

 2.自派のメンバーがイランとイラクの間を自由に行き来することができるよ
うに、マイサン州のイラン国境に配置された警察と軍の部隊を掌握している。そ
れはまた、仲間が米軍に指名手配されたら簡単に密出国できるようにし、イラン
の諜報機関から受けとった証拠物件が発覚いたときには亡命できるようにするた
めである。

 3.アル・ハキムは、秘密司令部の存在と、これまで3ヶ所が発見されたこと
を強調した。

 a) ディカル、ワシト、マイサンの3州にまたがる三角地帯はサイド・シャ
ンディ司令部と呼ばれ、それ統括している人物はアブダマド・ムハイミード・ア
ッ・ダラジという名のバドル旅団の指導的人物である。彼はバドル旅団の高級幹
部であり、大佐の階級を与えられ、現在はマイサン州の軍の司令官である。

※訳者補足: イラクの詳細地図
http://www.geocities.jp/uruknewsjapan/DetailedMap_of_Iraq.html


 b) ディカル地区は、アリ・フセイン・ジャズと呼ばれるヒズボラのメンバ
ーと、タリア党のマフディ・ジャッバル・アル・アクダウィらが統括しており、
彼らの司令部はナシリヤにあって、多数の大型兵器庫があると言われている。

 c) ナジャフ州では、指揮官はアブダルフセイン・アブタンと呼ばれ、ナジ
ャフ州のバドル旅団の指導的人物だが、イランの諜報機関で中佐の地位にあって
、占領後にイラクに来たペルシャ人の末裔である。



http://www.uruknet.info/?p=65605

--------------------------------------------------------------------
☆★イラキーヤ広報担当: 首相事務所から死の脅迫が届いた
Iraqiya Spokesman:
I Received A Death Threat from the Prime Ministers Office
アッシャルクル・アウサト 2010年5月2日付
--------------------------------------------------------------------
http://www.aawsat.com/english/news.asp?section=1&id=20802

Baghdad, Asharq Al-Awsat

 バグダッド発 −− イラキーヤの広報担当ハイダル・アル・ムッラーによる
と、イラクの次期政府編成をめぐるバグダッドの政争は、大っぴらな死の脅迫が
届けられる事態にまで至った。彼はイラク首相ヌーリ・マリキの事務所から直接
、死の脅迫の受けとったと言う。

 ムッラーはアッシャルクル・アウサトの取材に、午後10時、マリキ首相が率
いるダーワ党の高官から電話があり、マリキ首相によるコメントに対してイラキ
ーヤ陣営が発表した声明とコメントには、どんな背景があるのかと詰問された、
と話した。ムッラーによると、ダーワ党の高官は、「君たちはなぜ緊張を高める
のか?」とも問いただされたという。

 ムッラーは続けて語った−−その電話のあと1時間ばかりして、マリキ事務所
の幹部が電話して来て、彼をののしった。その人物を彼は知っていて、その電話
の前にもその人物と彼は電話で話していた。ムッラーの話によると、その幹部は
次のように言った。「これはマリキから君宛のメッセージだ。君がイラクに戻っ
てくると、われわれは君の首と足を切り落とすぞ」と。

 電話を受けたとき、ムッラーはイラクの国外にいた。ムッラーはアッシャルク
ル・アウサトの取材に、自分はその幹部に来週の帰国予定を教えたので、彼は好
きなようにうればよい、と語った。

 ムッラーはアッシャルクル・アウサトに、この電話の内容をイラキーヤの会合
で知らされ録音したこと、その会議にはイラキーヤ会派のの主要メンバーが出席
していたことを確認した。彼はその録音記録を裁判所に提出し、マリキを法廷に
引っ張り出すつもりだと語った。

 アッシャルクル・アウサトは、マリキ首相のコメントを入手しようと試みたが
、この記事が印刷にまわされた時点で、返答はいっさい返ってきてない。



http://www.uruknet.info/?p=65612



――――――――――――――――――――――――――――――――――
□□□□□ □■ □□□□□ □■ □□□□□ □■ □□□□□ □■
※URUK NEWS イラク情勢ニュース (webサイト) 
    http://www.geocities.jp/uruknewsjapan/index.html  
    メーリング・リストへの参加・退会手続きはここでもできます
※ツイッター始めました
    http://twitter.com/uruknewsjapan

※カンパ等の振込には次の郵便振替口座をご利用下さい
    口座番号: 01780−7−117317
    口座名称: イラク情勢ニュース
※銀行振込を利用する場合には、
    みずほ銀行 下関出張所 普通口座 1373779
    口座名義: 山本史郎   (ヤマモト シロウ)
□□□□□ □■ □□□□□ □■ □□□□□ □■ □□□□□ □■
――――――――――――――――――――――――――――――――――

このエントリーをはてなブックマークに追加
添付: