イラク戦争に関する世界情勢のニュース

メールの詳細(メール表示)

件名:

選挙後の閉塞感と暑さで苛立ちが募る

差出人: 山本史郎さん
送信日時 2010/06/22 23:08
ML.NO [URUK_NEWS:2082]
本文:

URUK NEWS イラク情勢ニュース           (転送・転載歓迎)
□□□□□ □■ □□□□□ □■ □□□□□ □■ □□□□□ □■
――――――――――――――――――――――――――――――――――
2010/06/22 (火)

  [飛耳長目録 todays news list]

☆抗議で死者が出たあと電力相が辞任
☆イラクの停電に抗議が噴き出す


--------------------------------------------------------------------
☆★抗議で死者が出たあと電力相が辞任
Iraq electricity minister resigns after deadly protests
BBC(イギリス)  2010年6月11日付
--------------------------------------------------------------------
http://news.bbc.co.uk/2/hi/world/middle_east/10371581.stm

 幾つもの都市で停電に対する激しい抗議が吹き出たために、イラクの電力相は
辞任を申し出た。

 カリム・ワヒード電力相は、国民の焦燥感と電力省の資金不足が発電不足の原
因だと語った。

 気温が摂氏50度に跳ね上がるなかで、電力の供給は1日に数時間しかなく、
国民の怒りは高まっている。

 19日のバスラ市では、電力不足に抗議する市民に警官が発砲し、2人が死亡
した。

 ワヒード氏は、2006年にマリキが首相になってから、電力相に就任してい
た。

 彼はテレビ演説で、「私が起ちあげた電力不足解消プロジェクトで問題は解決
されるのに、イラク国民は事態をガマンすることができず、また事態があらゆる
方面で政治問題化されたために、私は意を決して辞任を発表することにした」と
語った。

 バスラの警察は、州政府ビルに投石する抗議参加者を追い払うために、彼らに
向けて発砲した。

 抗議参加者の掲げる横断幕には、「電気を寄越せ」とか、「バスラ市民は公共
サービスと電気の提供を求める」などと書かれていた。

 バスラでの抗議に続いて、21日にはナシリヤ市でも同様の抗議が発生し、抗
議参加者の投石で警官14人以上が負傷した。

 これに対して、警察は放水で抗議参加者を追い払おうとした。

 政府の報道官は、ワヒード氏の辞任が受理されるかどうか、22日に閣議で討
議されるまでマリキ首相は決定しないだろう、と話した。

 3月の総選挙で明確な勝利者がなかったことから、イラクには苛立ちが募って
いる。諸政党は、首相その他の重要ポストに誰が就くか、合意できないでいる。



--------------------------------------------------------------------
☆★イラクの停電に抗議が噴き出す
Iraq power outages provoke protests
アルジャジーラ  2010年6月21日付
--------------------------------------------------------------------
http://english.aljazeera.net/news/middleeast/2010/06/2010621141946159881.html

 イラク南部でひどい停電に抗議して怒りのデモが3日続いたあと、イラクの電
力大臣が辞任を申し出た。

 カリーム・ワヒード電力相は21日、国営テレビで、「国民に仕えるために首
相が命じることなら、何であれそれに従う用意はできている」と発言した。

 ディカル州の州都ナシリヤ市で大規模なデモが発生したあと、数時間後に、こ
の電力相の発言となったが、ナシリヤでは群衆を州政府ビルから排除するために
、興奮した警官が放水ポンプを使ったりした。

 この抗議行動のあいだに、10人以上の警察官が負傷した。

 バスラ市でも、抗議を展開する小グループが、州政府ビルの周囲に座りこんだ


 湾岸地域の初夏の熱波が気温を摂氏50度以上に押し上げるなかで、イラク南
部の多くの地域においては、1日に6時間程度しか電気が通じず、灼熱の天候と
なっている。

 ◆市民の憤懣

 21日のデモは、20日のナシリヤにおける小さめのデモ、そして19日のバ
スラにおける大規模なデモに続くもので、死亡者も1人でた。

 19日のデモでは何千人ものデモ参加者が市庁舎を取り囲み、石や空きビンを
投げる者もいた。彼らはイラク電力相カリーム・ワヒードの辞任を要求していた


 電力省の報道官ムサブ・アル・ムダリスは、停電の責任を地方の役所になすり
つけた。

 マリキ首相はバスラに特使を派遣し、停電問題をめぐって現地当局者と協議し
た。

 タリク・アル・ハシミ副大統領は、20日にワヒードと会談し、電力状況を改
善するために「重大な処置を進める」よう彼に命じた。

 19日のバスラにおける抗議デモでは、マリキ首相に反対するスローガンを叫
ぶ者もいた。マリキ政府は、イラク国内の基本的公共サービスを改善できなかっ
たことで、幅広い層から非難をされている。

 赤十字国際委員会の報告によると、停電は国中に広がり、国民の4人に1人は
安全な飲み水を確保することができないでいる。

 ホシュヤー・ゼバリ外相は、抗議デモは政府の失政をめぐる国民的怒りの広が
りを示している、と語った。

 「人々は公共サービスの欠如と対応の無策ぶり、そしてに政府の対応をめぐる
テレビ討論のすべてに疲れきっている」と。




――――――――――――――――――――――――――――――――――
□□□□□ □■ □□□□□ □■ □□□□□ □■ □□□□□ □■
※URUK NEWS イラク情勢ニュース (webサイト) 
    http://www.geocities.jp/uruknewsjapan/index.html  
    メーリング・リストへの参加・退会手続きはここでもできます
※ツイッター始めました
    http://twitter.com/uruknewsjapan
※山本史郎へのメール宛先/@は半角に変えてください
    uruknewsjapan@yahoo.co.jp
□□□□□ □■ □□□□□ □■ □□□□□ □■ □□□□□ □■
――――――――――――――――――――――――――――――――――

このエントリーをはてなブックマークに追加
添付: