NOEMBLEM/エンブレムが設定されていません。

メールの詳細(メール表示)

件名:

クオリア問題という問題構成を新たにすること

差出人: kokinさん "野元 "<kokin…>
送信日時 2008/11/02 07:26
ML.NO [qualia:9478]
本文:

野元です。おはようございます。

クオリア問題において、どこまでが序段(序章)なのか、桜里さ
んと私とでは、その線引きの仕方が異なるようですが(笑)、こ
のMLもそろそろ10000の投稿を迎えようとしているわけな
ので、クオリア問題の「序」というものがどのように設定される
べきか、といった点なども含めて、何らかの整理(自分なりのま
とめ)のような作業をしておきたいと思います。第一章を迎える
ためには、序の整理が必要なのではないでしょうか。まとめを踏
まえた上で、その後やるべきことは、クオリア問題という問題構
成を新たにすることだと思われます。

ベルクソンやドゥルーズが重要視したのは、<解>ではなく、<
問い>なのだということ、<問いの設定>の仕方、<問題構成>
そのものだということでした。ドゥルーズの主著『差異と反復』
においては、「〜とは何か」という問題設定はまったくなされて
おりません。彼の方法論は、「〜とは何か」に対する「解」では
なく、哲学のドラマ化(劇場化)です。今、要請されているのは、
クオリア問題のドラマ化なのかもしれません。(カントの「図式」
に相当するドゥルーズの「ドラマ化」について詳しく知りたい方は、
『無人島1953-1968』P195(ドゥルーズ、河出書房新社)を参照
してください。)

問題構成については、以前、[qualia:8808「問題の再構成が必要
だ」http://www.freeml.com/qualia/8808
で述べましたが、今となっては、不十分な問題構成のような気が
します。さらなる吟味が必要です。

今日は、物質(あるいは生命)を通底する本源的な特性としての
<自発性>から書きはじめて、対象世界における記号性の問題、
言語の発生などを経て、最近、投稿した言語の問題(萬葉、古今
の時代における脳の変容など)に至るまでのまとめを書こうと思っ
たのですが、かなりの長文になりそうなので、やめることにしま
した。おそらく、このようなこと(問題の整理)はそれぞれがそ
れぞれの立場でやればいいことなのでしょうから。




しばらくの間、投稿を休みことにしました。またそのうちにお会
いしましょう。ときどき、顔を出すかもしれません。今後とも、
このMLが有意義なものであることを期待します。


このエントリーをはてなブックマークに追加
添付:

このメールには下記のメールが返信されています: