NOEMBLEM/エンブレムが設定されていません。

メールの詳細(メール表示)

件名:

大野萌子 多田謡子反権力人権賞受賞

差出人: jngmdp…さん
送信日時 2003/12/04 19:37
ML.NO [self-help:0058]
本文:

皆様へ
山本真理です。
多田謡子反権力人権賞が、全国「精神病」者集団の創設者の一人、
大野萌子に与えられることになりました。
お近くの方は授賞式にぜひご参加くださいませ。
会場の地図はこちら
http://www.sohyokaikan.or.jp/access.html

<交通機関>
●営団地下鉄千代田線 新御茶ノ水駅
●営団地下鉄丸ノ内線 淡路町駅
●都営地下鉄新宿線 小川町駅
   (丸ノ内線と都営新宿線をご利用の方は千代田線方面 へ)
   いずれもB3出口より徒歩0分
●JR中央線・総武線 御茶ノ水駅
  (聖橋出口)徒歩5分
電話番号(03)3253-1771(代)



以下転送公開大歓迎
---------------------------------------------------------

 多田謡子反権力人権賞をいただきました。
近くの国道(247号)知多街道の銀杏が色づき、このマンションの
窓から見える風景ではもっとも美しい季節を迎えています。
皆様いかがお過ごしですか?

 このたび、夭折された多田謡子弁護士の遺産を中心に設立された
「多田謡子反権力人権賞」を受賞しました。 
大変光栄なことでございます。
そして、この受賞に私本人が驚き大変感激しています。

 新聞報道によれば、この賞は少数派の労働運動や人権擁護のため
に尽力した人・団体に送られるものだそうです。

 来る12月20日に午後2時から、東京御茶ノ水の総評会館で受賞式
があり、記念講演も用意されているとのことです。

 この受賞は私個人が受けるものですが、私の認識では、現在まで
私を支えてくださいました大勢の方々とともに受賞したものと考え
ています。
 皆様本当にありがとうございます。
今年が最後の人権賞とのことですが、イラク戦争下で一般家庭に
滞在しながら反戦を訴え続けた「イラク平和チーム」のペギー・ギ
ッシュさん(60)=米オハイオ州在住、多文化共生社会をめざして石
原東京都発言を告発運動を進める在日朝鮮人の辛淑玉さん(44)、保
安処分に反対し、精神障害者の人権の確立に努めている大野萌子(67)
の3女性です。

 私はまだ信じられなくウロウロしていますが・・・・
私が好きで、いつも壁紙に貼っている二首の短歌をご紹介して
ご報告に代えさせていただきます。

『少数にて 常に少数にてありしかば  ひとつ心を保ちきにけり』
  土屋 文明

『痛みもて 世界の疎とに立つ吾と 紅き逆睫毛の曼珠沙華』
    渡辺 文雄

紹介・・・多田謡子弁護士の活動は、その恋人 久下 格さんが本を
書いておられます。 
「人は愛と闘いにいきることができるか・謡子追想」教育史料出版会
これから記念講演の中身については、過去を振り返り赤堀政夫さんと
相談し書きたいと思っております。
今後もよろしくお願い申しあげます。

  2003.12.01

    大野萌子

このエントリーをはてなブックマークに追加
添付: