TeraTerm Pro Users’ ML

メールの詳細(メール表示)

件名:

Re: kermitの送受信ができません

差出人: ゆたかさん "Yutaka Hirata"<yutakakn…>
送信日時 2012/02/04 19:17
ML.NO [teraterm:1153]
本文:

TO: 岸本さん

On Sat, 4 Feb 2012 13:51:07 +0900 (JST)
dragon_eye <cletia@…> wrote:

> 岸本です。
>
> 手元にある機器でKermit転送できる機器が日立製NT-4Sしかありませんので、この2機種で送受信テストを行いました。
> 結果は、
> KmtLongPacket=off
> KmtFileAttr=off
> で送受信OKです。
> このテスト内容でよろしかったでしょうか。
> ログを添付いたします。

詳しいテスト結果をどうもありがとうございます。

KmtLongPacket=on すなわち Long Packet に関しては、NT-4S 側から NAK が返っ
てきているので、未サポートのようです。ただし、本来の KERMIT プロトコルの
動作としては、NAKを返さずに、CAPASビットを落としてACKを返してくるのが期
待値です。

KmtFileAttr=on すなわちファイル属性に関しても、同様に NT-4S 側からNAKが
返ってきています。Tera Termとしては、KERMITプロトコルの仕様に沿っている
ので問題はないと思うのですが、NT-4S側が何かを拒否しているようです。

>>>
01 47 22 41 22 22 41 38 23 31 37 32 30 31 32 30 .G"A""A8#1720120
32 30 34 20 31 30 3A 33 37 3A 35 30 2C 33 36 36 204 10:37:50,366
36 31 35 33 35 33 30 34 49 61535304I
MARK=1 LEN=39 SEQ#=2 TYPE=FileAttributes DATA_LEN=36

<<<
01 23 22 4E 35 .#"N5
MARK=1 LEN=3 SEQ#=2 TYPE=NAK DATA_LEN=0


いずれにしても、NT-4S の KERMIT 実装は、仕様に沿ったインプリになっておら
ず、かなりクセがあると言えます(ある意味バグ)。
現時点では、なんとか Tera Term にワークアラウンドを適用することで、NT-4S
と通信できるようになりましたが、今後NT-4S側のファームウェアが更新される
と、また通信できなくなりそうです。

可能であれば、下記の点について、NT-4Sの仕様を確認していただけるようお願
いします。

 ・初期化文字列の"MAXL"が90の場合、なぜNAKを返すのか。
 ・Long Packet に対して、なぜNAKを返すのか。
 ・下記のファイル属性に対して、なぜNAKを返すのか。

01 47 22 41 22 22 41 38 23 31 37 32 30 31 32 30 .G"A""A8#1720120
32 30 34 20 31 30 3A 33 37 3A 35 30 2C 33 36 36 204 10:37:50,366
36 31 35 33 35 33 30 34 49 61535304I


--
Best regards,
Yutaka Hirata(yutakakn@…, yutakapon@…, yutakakn@…)
http://hp.vector.co.jp/authors/VA013320/
TeraTerm Project: http://ttssh2.sourceforge.jp/

このエントリーをはてなブックマークに追加
添付:

このメールは下記のメールに対する返信です:

更新順メールリスト