TeraTerm Pro Users’ ML

メールの詳細(メール表示)

件名:

Re: Tera Term 4.83 RC1

差出人: taoさん "Takehiko Ooshima"<tao…>
送信日時 2014/05/30 10:01
ML.NO [teraterm:1214]
本文:

大島です。

At Thu, 29 May 2014 18:25:55 +0900 (JST),
NAGATA Shinya wrote:
>
> 永田です。
>
> > > > Application faultがでます。
> > > 確認しました。古いバージョンを起動したまま新しいバージョンを
> > > 起動するとこうなるようですが、そちらの環境でも同じでしょうか。
....
> いわもとさんが修正してくれたのですが、これでどうでしょうか。
> http://ttssh2.sourceforge.jp/snapshot/snapshot-20140529.zip

AppFaultにならず動きます。タスクバーをグループ化していますが、
別のプログラムとして分類されています。

> > しかしながらSetup - proxyがプロキシになってしまうのはそのままです。
> >
> > まったくteratermがインストールされていない環境では問題なく
> > 英語表記のままです。
>
> こちらは手元で再現しませんでした。

ちょっと試してみました

<path>teraterm.exe /F=<path>teraterm.ini
で(DOSプロンプトから)起動

1. My Documentsのteraterm.ini
2. /F=のteraterm.ini
の2つのiniファイルがある場合Proxy...の項目とその他の項目で
参照しているiniファイルが違うようです。

1.のファイルが存在する環境では

2.のUILanguageFile=の値はProxy...以外の項目に適用され
1.のUILanguageFile=の値がProxy...の項目に適用されます。

1.のファイルが存在しないときには(当然ですが)
2.のUILanguageFile=の値ですべてのメニュー項目が切り替わります。

本質的にはどうでもよいようなことで申し訳ないのですが、
現象としては上記のようになるようです。

/F=を指定した場合にはMy Documentsなど別のiniファイルは一切
見ないのかと思ったのですが....
# ソースを見ていないので現象だけで申し訳ありません。

--
tao@… 大島岳彦

このエントリーをはてなブックマークに追加
添付:

このメールは下記のメールに対する返信です:

このメールには下記のメールが返信されています:

更新順メールリスト