TeraTerm Pro Users’ ML

メールの詳細(メール表示)

件名:

Re: Tera Term 4.85 リリース

差出人: taoさん "Takehiko Ooshima"<tao…>
送信日時 2014/12/02 18:54
ML.NO [teraterm:1226]
本文:

大島です。

At Tue, 2 Dec 2014 15:49:44 +0900 (JST),
NAGATA Shinya wrote:
>
> 永田です。
>
> > : 64bit Cygwinへの自動接続に対応した。
> > というのが、自動的にcygterm+の32bit/64bitをteratermcygwin+-i686 /
> > teratermcygwin+-x86_64のサブディレクトリ内のcygterm.exeを自動選択して
> > くれるものと思いましたが、そうではないんですね。
>
> termpro.exe と同じディレクトリにある cygterm.exe を実行する
> という動きは変わっていません。
.....
> # ここまでが「更新されない」という現象の原因です。

理解しました。インストール時に決まるんですね。
# インストール時にどっちも入ってないとどうなるんだろう。32bitになるのかな。

> しかし、これだと cygterm.exe が本当に更新されたときに上書き
> されないので、改善策を考えてみます。

サブディレクトリぃのcygterm.exeが起動できればよいんでしょうけど。

> > また、cyglaunch.exeの64bit版がなくなったので、cyglaunch.exeからの
> > 64bitのcygterm.exeの起動はしないみたいです(teraterm.iniのCygwinDirectoryは
> > 見ていないようでした)。
> > # 1., 2., 3. とある起動方法のうち3.で起動している?
> > # 32bit版のcygwinが入っていなければうまくいきそうですけど....
>
> それは予想外の動きです。手元では起動しますし、teraterm.ini の
> CygwinDirectory も見ています。
....

追加確認してみました。
teraterm.exeから起動する場合には <ユーザードキュメント>teraterm.iniを
見ます(teraterm.exeがそちらをみてるので)が、
cyglaunch.exeはteratermteraterm.ini を見ていますね。
そちらを変えたらダイアログ「a」に反映され、64bitが起動しました。
# VirtualStoreがあるんで気を付けないと面倒ですが

別ディレクトリにもっていってテストしてみた感じでは
cyglaunch.exe 起動
→ 同じディレクトリのteraterm.iniを参照(無い場合は自動サーチでcygwinを検出)
→ 同じディレクトリのcygterm.exeを起動
→ 同じディレクトリのcygterm.cfgを参照(無いと動かなかった)
defaultのcygterm.cfgはteraterm.exeがフルパスで書いてないので
同じディレクトリにコピーするかフルパスでteraterm.exeを指定する。
→ cygwinのターミナル環境へ
でした。

--
tao@… 大島岳彦

このエントリーをはてなブックマークに追加
添付:

このメールは下記のメールに対する返信です:

このメールには下記のメールが返信されています:

更新順メールリスト