完全無料 日本最大級のメーリングリストサービス

TOP > ウィふり調査団 > 由来・語源 > 『ずんだの名の由来は?』調査
ウィふり調査団トップへ

『ずんだの名の由来は?』調査

カテゴリ:由来・語源
最近家庭科の先生に調査依頼されました。「ずんだもち」の「豆んだ(ずんだ)」の名の由来は??豆ってとこはわかるんですけど、「んだ」って…?教えて下さい!(青田さん)
このエントリーをはてなブックマークに追加

全国調査の結果は?

まずは「ずんだもち」って何?という人のために豆知識です!

ずんだもち、おいしいですよねぇー♪
はっきりした語源があると思いきや、4つの説が浮上してしまいました!!!
早速「ずんだ」の由来をチェック。


〜ずんだの由来〜

説1 「豆打!」説

「ずんだ」はまめを打って作る「豆打(ずだ、じだ)」が訛って「ずんだ」になった。
所によっては「じんだ」或いは「じんだん」と言う。
ちなみに「じんだ」とは茹でた枝豆を磨り潰した和え衣のことで、砂糖だけに限らず塩などで味付けしたものもある。

説2 「陣太刀(じんだち・じんだとう)」

奥州伊達政宗公が合戦に際して、枝豆(大豆の早摘み)を陣太刀(じんだち・じんだとう)で刻んで餅に混ぜ込み食したことからつぶした豆を「じんだ」というようになった。
説3 「甚太さん!?」

甚太(じんだ?じんた?)という百姓が伊達政宗公に献上したことから。

説4 「糂汰(じんだ)」説

「糂汰(じんだ)」で、ぬか味噌や味噌でつけた魚という意味だったが、それがいつのまにか「青大豆の和え物」という意味に変わった。


「ずんだ」という言い方の他にも「じんだ」「じんだん」「ぬた」「ぬだ」という地域もあるそうです。


〜ずんだもちの作り方〜

もち米で作った"だんご"を用意する。(白玉、切りもちでも可。切りもちはゆでて。)
ゆでた枝豆のさやと皮を取り、擂り鉢でつぶす。(だだちゃ豆だと一層おいしい。)
枝豆に砂糖や水あめで甘く。塩少々で味をしめる。
和えたものをだんごにからめる。
こんなメールをいただきました!
>伊達政宗が戦いの時陣太刀(じんたとう、刀のこと)で豆をつぶして食べたことからつぶした豆を「じんだ」というようになったという説もあります。
でも地元の人間として、いつの戦いの頃からなのか、そもそもそのころ枝豆という農作物が仙台にあったのかなどの検証は私はまだしておりませんのでちょっと信じがたいです。
この説が本当なら政宗の生地米沢や福島県一帯、さらに政宗が転戦した日本各地に 同じものが残っていてもいいはずなんですが。
そもそもこの枝豆をすりつぶして作る料理「ずんだ」ってどこまで普及している郷土料理なんですか?

→スタッフ:まだまだ「ずんだもち」は全国区じゃないっ!?

>じんだん餅は山形の伝統的な食べ物です。 「ずんだ餅」という表記がおおいですが、あれはほんとは「じんだん餅」です。
なまって「ずんだ」と聞こえるだけで、山形県民は「じんだん」って言っているつもりなんですよ。
枝豆をすりつぶして砂糖を加えたものですが、なんで「じんだん」っていうのかは わかりません。

→スタッフ:山形では「じんだん」っていうのですね。「じんだん」が先か、「ずんだ」が先か。

>豆を打って作るから、「豆ん打(ずんだ)」だと、「松岡修三の食いしん坊万歳」で言っていました。
ちなみに私の出身、山形ではずんだのことを「ぬた」とも言います。
納豆、ごま、磯部、、、と色々ありますが、餅の中で一番すきなのがぬた(ずんだ)もちです。

→スタッフ:「ぬた」は総じてからめるものを言う?「食いしん坊」的には「豆打」説なんですね(笑)

メーリングリストなら、
1通送るとみんなに届く。
学校やサークル、友達同士の連絡用に。同じ趣味の仲間同士の情報交換や雑談用に。freemlなら誰でも簡単にメーリングリストの運営がスタートできます。
調査記録一覧
あなたはなんて言う???

「食」調査!!!

由来・語源

○○知ってる???